大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 自分磨き企画:第六回目は、「春の養生法 良質な睡眠で疲れをリ...
2014年04月11日更新

自分磨き企画:第六回目は、「春の養生法 良質な睡眠で疲れをリセット」

適度なストレスは、良い意味で捉えれば、心と身体の刺激になり、自分自身を成長させてくれる機会になります。 原因となる事に向き合い、上手に対処していきましょう。
自分磨き企画

 

~春の養生法 良質な睡眠で疲れをリセット~


春は、環境の変化によってストレスを受けやすい季節。
適度なストレスは、良い意味で捉えれば、心と身体の刺激になり、自分自身を成長させてくれる機会になります。
原因となる事に向き合い、上手に対処していきましょう。
周りの環境や心、身体、魂の不調和は睡眠に影響を及ぼします。
睡眠不足が心身のストレスにもなりますので、良質な睡眠を促すための養生法をご紹介します。

寝るだけダイエット
by Kunonguyen

夕食を食べ過ぎると睡眠に影響を及ぼすので、食べ過ぎないようにし、
寝る2~3時間前には済ませておきましょう。

睡眠をコントロールするセロトニンの原料である、
アミノ酸のトリプトファンやビタミンB6を意識的に摂りましょう。

トリプトファンを含む食材は、乳製品、豆類、大豆製品、赤身の魚、肉類。
ビタミンB6を含む食材は、種実類、青背魚、米、小麦胚芽、はちみつなどになります。

鎮静作用のあるバジルやローズマリーを使用するのも良いでしょう。

寝付けない時は、カモミールティーや、カップ1杯の牛乳にサフランを少量入れ、
沸騰直前まで温めたサフランミルク(お好みではちみつ)を飲むと落ち着きます。

ぬるめのお湯でゆっくり入浴し、リラックスしながら就寝し、
良質な睡眠が大事なので、睡眠時間に捉われすぎない事も大切です。

カモミール、ラベンダー、ネロリ、マージョラムなどお気に入りの香りのアロマオイルを、
オイルや塩に混ぜ希釈したものを混ぜて入浴したり、アロマポットなどの芳香浴(ろうそくの時は火に注意)、
色のついていないオイルでしたら、枕に垂らして寝るとさらにリラックス出来ます。

※アロマオイルは、体調や状況により使用を避けた方が良いものもありますので、ご注意下さい。

ホルモンバランスを整える為には、23時までに寝ると良いとされているので、
美しさと健やかさを保つ為にも、早めの就寝を心がけましょう。

生活リズムが崩れている方は、日の光を浴びる事でセロトニンが生成され、体内時計がリセットされます。

適度な運動や意識的な呼吸法を取り入れるのも有効です。

自然と調和した生活を心がけ、自然からの恵みである、お食事やアロマなどを楽しく取り入れていきましょう。

次回は、花から学ぶ上手なコミュニケーションの仕方についてをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/

  • Grapps
  • 美容・健康
  • 自分磨き企画:第六回目は、「春の養生法 良質な睡眠で疲れをリ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。