大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 毎年のことなのにまたやっちゃうあなたに…!年末年始の食べ過ぎ...
2017年12月23日更新

毎年のことなのにまたやっちゃうあなたに…!年末年始の食べ過ぎ&飲み過ぎケア

年末はクリスマスや忘年会などで、ついつい食べ過ぎたり飲みすぎてしまいます。体調を崩さないようしっかりケアしていきましょう。年末年始の食べ過ぎ&飲みすぎケアについて。

 

年末は、クリスマスや忘年会などで、飲食の機会が多い季節です。体調を崩さないよう、しっかりケアしていきましょう。

肝臓や胃を養う食材

〇牡蠣、シジミ、タコ、イカ

肝機能を高める作用の高いタウリンが含まれます。肝臓の疲れが気になる時は、味噌汁やお鍋などがおススメです。

 

〇うこん(ターメリック)

うこん(ターメリック)が使われているカレー粉は、風味を豊かにするので、カレーだけでなく、煮物や味噌汁に加えても美味しいです。様々なお料理に活用していきましょう。

 

〇葛

風邪薬で有名な葛根湯に使われています。胃腸が弱っている時だけでなく、免疫力を高める為に摂取するのも良いでしょう。

 

〇大根

アミノ酸の一種であるシステインは、肝臓の疲労回復に役立ち、ビタミンCやジアスターゼが胃腸の働きを助けます。漬物や大根おろしなど、生で食べると良いでしょう。

 

〇柿

酔いを早くさます作用のあるタンニンや、アルコールの代謝を高める糖質やビタミンC、肝臓の疲労回復を高めるシステインが含まれています。

 

〇マルベリーティー(柿の葉茶)

ビタミンやミネラルを豊富です。天然のインシュリンと呼ばれるイヌリンには、血糖値の急上昇を抑える作用があります。

 

お酒を飲む時は

おつまみや料理をゆっくりしたペースで味わうようにして、肝臓の負担を軽くしましょう。おつまみは、脂肪分の少ない赤身肉や魚、大豆製品がおススメ。高ビタミン、高ミネラルの緑黄野菜も忘れずに。

 

安いワインを何本も飲むより、少し高めのワインにして、お料理や会話を楽しみなから味わうと良いでしょう。飲み物の質を良くする事は、悪酔い予防にもなります。

梅には、浄血作用があるので、飲む前に梅肉エキスを飲んだり、梅酒や焼酎に梅干しを入れて飲むのも良いでしょう。

 

気がのらない飲み会を断る勇気や、休肝日を設けて休ませる事も大切にしましょう。年末年始はしゃぎ過ぎて体調を崩さないよう、上手なお付き合いと賢い飲み方を心がけましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/

  • Grapps
  • 美容・健康
  • 毎年のことなのにまたやっちゃうあなたに…!年末年始の食べ過ぎ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。