大人女子のためのWebメディア
検索
2017年03月17日更新

春ストレスを和らげる!ハーブで簡単セルフケア

今の時期は、年度末など環境の変化や花粉症の症状で頭がボーっとしたり、イライラするなど、心身のダメージを感じやすい時期です。忙しい時だからこそ簡単に出来るセルフケアで、心身共にリラックスし辛い症状を和らげていきましょう。

春ストレスを和らげる!ハーブで簡単セルフケア

今の時期は、年度末など環境の変化や花粉症の症状で頭がボーっとしたり、イライラするなど、心身のダメージを感じやすい時期です。忙しい時だからこそ簡単に出来るセルフケアで、心身共にリラックスし辛い症状を和らげていきましょう。

アイケア

・アイブライト
古くからあらゆる目のトラブルに効果があるとされているハーブです。パソコンなどによる疲れ目を防ぎ、目の充血を改善する他、鼻や喉の粘膜に働きかけるので花粉症の症状を落ち着かせる為にもおすすめです。

花粉症の時期は、頭がボーっとする方も多いと思いますが、頭をスッキリさせ記憶力や判断力を高める働きがあります。

 

アイブライトの使い方

・ハーブティー
アイブライト3gをティーポットに入れ、熱湯200mlを注ぎ3〜5分抽出しカップに注ぎます。

 

・目の洗浄

冷えたアイブライトティーを薄めて、目を洗います。ローズウォーターをお猪口の様な小さな入れ物に入れ、目に当ててパチパチするのもおすすめです。天然成分なので安心ですし、目が洗浄できてスッキリします。

 

~アイパック~

疲れ目には、コットンにハーブティーやローズウォーターを浸し、目を閉じてまぶたに当てましょう。

手浴(肘浴)

~やり方~

深かめの洗面器にたっぷりのお湯(42℃くらい)と、保温ポットに入れた足し湯とタオルを準備します。

① 洗面器の中にお湯を入れ、両腕を肘まで入れます。

② 手が赤くなるまでお湯に浸します。お湯が冷めたら足し湯を加えましょう。

③ 終わったら、タオルで良く拭き取って水分補給しましょう。(汗や水で身体が濡れてしまうと湯冷めして逆効果になりますのでお気をつけ下さい。)

 

手浴(肘浴)などの部分浴は、末端を温める事で全身の血行が良くなります。胸や肋骨の緊張が緩んで呼吸がラクになりますので、花粉症の諸症状にも役立ちます。ボーっとしながら、頭と身体をOFFしましょう。

ハーブを入れたハーバルス

ハーブを入れると血行を促進する他、リラックス作用、お部屋や肌の保湿になりスキンケアの働きも得られます。さらに蒸気を吸入すれば、呼吸器のトラブルに優しく働きかけます。

 

~やり方~

ハーブを洗面器に入れ、熱湯を注いで5分間以上抽出します。(ハーブが肌に触れるのが嫌な方は、お茶袋に入れたり、5gに200mlの熱湯を加えたハーブティーを使用しても良いです。)

以降のやり方は、上記の手浴(肘浴)と同様に行います。

今の時期におすすめのハーブ

・ペパーミント

スッキリとした香りで鼻づまりや頭痛を和らげます。

 

・ラベンダー

気分を落ち着けてリラックスさせてくれます。不安や不眠にも役立つ他、抗菌作用があるので風邪予防にも。

 

・ローズマリー

すっきりした香りが集中力を高め、脳の働きを活性化するので、疲れた時や血行を良くするので肩こりの時に。

 

・カモミール

冷え症やストレスが原因で血行が悪くなっている時に。

 

※妊娠中や持病がある方は使用できないハーブがあります。不安な時は使用せず、使う時は医師や専門家に相談されると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。 現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。 素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。