大人女子のためのWebメディア
検索
2017年10月10日更新

全身美肌になりたい方、必見!約9割の女性が知らない”お風呂”と”乾燥”の関係って?

なんと約9割もの女性が知らない!?絶対知っておきたいお風呂と乾燥の関係をご紹介します。全身美肌女子になりたい方、必見です。

みなさん!「お風呂上がりの肌は入浴前よりも乾燥する」という事実、ご存知でしたか?
お風呂の中で保湿ケア(インバスケア)することでお風呂上がりの急速な肌乾燥を防ぐという効果があることも、全身美肌のためには知っておきたい知識!
今回は、お風呂上がりの肌乾燥とお風呂保湿をテーマに、ご紹介していきます。

約9割の女性が「お風呂上がりの肌は入浴前よりも乾燥する」事実を知らない!?

 

Photo:atpress.ne.jp

お風呂上がりの肌に起きる現象について知っているか聞いてみたところ「お風呂から出た後は、急激に乾燥が進み、入浴前よりも乾燥してしまう」ことや「お風呂上がりは乾燥するので、保湿すべき制限時間」について詳細まで知らない人と回答した人が90%を超えるという結果に。
お風呂上がりにおきる肌の状態変化について、ほとんどの女性が知らないという現実となりました。
女性にとって「お風呂時間=美容時間」という意識を持っている方は多いと思いますが、美肌の大敵となる乾燥について知らないとせっかくの努力も水の泡に!?
正しい知識を知り、全身美肌女性になりましょう!

お風呂上がりの肌の”つっぱり”や”かさつき”などの乾燥、気になる?

Photo:atpress.ne.jp

「お風呂上がりに、肌の乾燥などのトラブルを感じた経験がありますか」という質問をしたところ、59.7%が「ある」と回答。約6割がお風呂上がりの肌トラブルを経験していることがわかります。

 

Photo:atpress.ne.jp

「ある」と回答した人に「どんな肌トラブルを感じたのか」を聞いたところ「肌が乾燥した(79.9%)」と約8割が肌の乾燥を感じたことがあると回答しています。
そのほか、「肌がつっぱる感じがした(53.1%)」「カサカサ、粉をふいてしまった(42.5%)」と、いずれも、肌の乾燥からくる状態を感じているようです。
乾燥による肌の変化を実感している方は多いものの、その原因を知らずに改善できていないのはもったいないですよね!
クリームを塗るというケア方法に対しても、効果的なポイントを押さえておくことが全身美肌への近道です。

女性の2人に1人が、保湿ケアを忘れた経験あり…

Photo:atpress.ne.jp

そこで、女性たちの保湿ケアの実態について調べてみました。
最近の研究でお風呂上がりの保湿すべき時間が10分以内であることが判明!
そこで「普段、お風呂上がりから10分以内に保湿していますか」と聞いてみたところ「毎日していない」と答えたのは47.0%となりました。

 

Photo:atpress.ne.jp

さらに「お風呂上がり直後、夜寝る前の保湿ケアを忘れてしまったことがありますか」との問いでは、女性の半数以上が「ある(59.2%)」と回答しています。
これは大変…!
保湿ケアは美肌を作るための何よりのポイントです。

 

Photo:atpress.ne.jp

でも、お風呂上がりのケアを忘れてしまう理由として「疲れて気力がなかったから(53.6%)」「別の用事ができてしまった(39.5%)」となっており、時間に追われ、自分の保湿ケアができずに後回しになってしまうという、忙しい大人女子たちの日常が浮き彫りとなる結果に…。
忙しい日々の中で、体力との戦いもあるので中々難しいかもしれませんが、肌のことを考えるとやはり多忙な日常の中でも保湿ケアの時間は確保したいところですよね。

【肌の専門家コメント】

Photo:玉城有紀先生
Photo:atpress.ne.jp

〜お風呂上がりの乾燥と、お風呂での保湿効果について〜
寒くなると、お風呂上がりに肌が乾燥してしまい、肌がつっぱり、カサカサと粉をふいたり、中には肌がかゆくなった経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。
実はお風呂上がりには、肌の水分が失われ、急激に乾燥が進むことがわかっています。
肌の角層には、水分が蒸発しないように「皮脂膜」があるほか、水分保持の役割を果たす「NMF(天然保湿因子)」や「細胞間脂質」が存在します。
ナイロンタオルで擦りすぎたり、お湯に長く浸ったりすると、角層が傷ついたり、ふやけたりして、水分保持の役割を果たしていた物質が失われてしまうのです。
さらに入浴後、水分が蒸散して、乾燥が進むと、肌はかたくなり、毛穴に角質が詰まるなど、トラブルが起こりやすくなります。
お風呂上がりには、身体を拭いたら出来るだけ早く保湿しましょう。
保湿剤をいろいろな場所に置いておいて、気づいたらいつでも保湿するのがおすすめです。
また、保湿剤は水分がある状態で蓋をするほうがいいと言われていますので、お風呂での保湿ケアが、お風呂後の乾燥を防ぐのに効果的です。

インバスケアなら忘れない!?

Photo:atpress.ne.jp

お風呂の中で行う保湿ケア(インバスケア)なら、忙しくても疲れてても毎日続けられるのではないでしょうか♪
お風呂にひとつ保湿アイテムを置いておくことで、お風呂から出る前、身体を拭く前に、全身にバーっと塗って出る…とそんなに手間もかかりません。
お風呂から出る時に保湿という流れを作っておくことで忘れることもないでしょう。
やっぱり、いくら忙しくても美しい肌でいたいのが乙女心。
正しい知識を元に生活リズムの中に上手に組み込んでいくと、無理なく全身美肌を保てることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。