大人女子のためのWebメディア
検索

食べても太らない痩せ体質を作る方法〜”痩せる晩御飯”4つの鉄則〜

体重が減れば良いってモンじゃない!健康的に美しく痩せたいのが大人女子の本音♡そしてスリムな体型をこの先も無理せずずっと維持し続けていきたいのがさらなる本音♡それなら食べても太らない痩せ体質を作るべき!今回はその方法をご紹介します。

食事制限ダイエットはリバウンドの可能性が高く、美しく綺麗には痩せにくいもの。
目指すは、健康的な美BODY!
そこで今回は食べても太らない痩せ体質を作る方法ご紹介していきます。

ダイエットの基本は痩せ体質を作ること!

痩せたい、綺麗になりたい、そういう気持ちからダイエットを始める方がほとんどだと思います。
結婚式の前だからとか、大切な予定へ向けてとか、目標の日にちを持って始める方もいるかと思いますが、「◯日だけ痩せた状態でいればいい」という方って少ないのではないでしょうか。
目標日を決めてダイエットを始めた場合、その大切な日が過ぎても「ずっと美しく痩せたスリムな体型のままでいたい」というのが本音かと思います。
また、特に◯日までにマイナス◯kgと、期間を決めずにダイエットをスタートする方も多いはず。
「可愛くなりたい」「あの洋服を着こなしたい」とか、ダイエットを始めるきっかけは様々だと思いますが、共通するのは「美しいスリムな体型を維持していたい」ということ。
だからこそ、体重を落とすことに着目しすぎずに痩せ体質を作ることが重要になってくるのです。

ベジタリアン女子は痩せられない!?

“ダイエット=野菜・ゼロカロリー食品”と、カロリーを抑えることに必死になっている方は要注意!
実は肉や魚を摂らなければ、痩せ体質になることは叶いません。
筋肉や血液を作り、脂肪を燃やしてくれる役割をするタンパク質はとても重要だからです。
野菜ばかりの食生活では、脂肪を燃やす事ができない身体になってしまうのです。

ダイエットの敵はタンパク質でやっつける!

ダイエットの天敵といえば”空腹”!
動物性タンパク質は身体に必要な栄養素が効率良く摂れる上、消化に時間がかかるので、空腹になりにくいというメリットも。
中でも赤身肉は代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれており、低脂肪なので積極的に摂るべきです。

かさ増しや代用の知識をつけて幸せなダイエット生活を

夜食べると脂肪になってしまいやすい主食(糖質)を上手に減らすコツを身につけるのもダイエット成功の秘訣。
ごはんや小麦粉の変わりに、おからやきのこ、もやしでかさ増しを!
糖質を減らしても満腹感はUPするので、ストレスフリーなダイエット生活が叶います。

“痩せる晩御飯”4つの鉄則

【①肉や魚は片手一杯分!】
脂肪を燃やしてくれるタンパク質、中でも栄養バランスが良く、脂肪燃焼効果も高い動物性タンパク質を100〜120g食べましょう。


【②主食は朝と昼に!】
夜の主食はエネルギーとして消費されにくく、脂肪として蓄積されるだけ。
晩御飯の糖質を控えれば、むくみ解消にもつながりそれだけで痩せ体質に一歩近づきます。


【③おからやきのこでかさ増し!】
タンパク質は重要ですが、摂りすぎはNG。
食物繊維が豊富に含まれているおからは便秘解消にもなるので一石二鳥。


【④オリーブ油やオメガ3系の油を摂取!】
油もヘルシー志向へシフト!
オレイン酸が多いオリーブ油は腸の運動を活発にしてくれるのでオススメ。
魚の油や亜麻仁油などオメガ3系のものは体脂肪を落としやすくしてくれます。

 

 

いかがでしたか?

間違ったダイエット方法はむしろ痩せにくい身体になってしまう原因にも…。

正しい知識とコツを掴んで、ストレスフリーなダイエット生活を送りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。