大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 肌の大敵・乾燥の冬が到来!あなたの肌ケアは大丈夫!?〜NG...
2017年11月08日更新

肌の大敵・乾燥の冬が到来!あなたの肌ケアは大丈夫!?〜NG習慣チェックリスト〜

年間を通して美肌でいたい!…でもこれからは美肌の大敵である乾燥が気になる季節がやってきます。そこで今回は、調査結果を元に皮膚のプロである先生のアドバイスをご紹介!あなたの肌ケア習慣、本当に合ってる!?チェックリストもあるので気になる方は是非♡

冬の到来が間近まで迫っています。
空気の乾燥による肌トラブルが気になる季節ですよね。
そこで今回は調査結果を元に、東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任 川島眞先生からのコメントをご紹介していきます♡
皮膚のプロである先生のアドバイスから、自分の肌ケアを見直してみましょう!

冬の肌ケアNG習慣チェックリスト

まずは、普段あなたが行っている肌ケア習慣について、確認を!
実は良いと思ってやっているその習慣、NGかも…!?

 

◻︎今年の夏(6〜8月)は結構日焼けした
◻︎日焼け止めは夏(6〜8月)しか塗らない
◻︎ボディの保湿は乾燥が気になったときだけ
◻︎汗をかいたら、汗がひくまでそのままにしていることが多い
◻︎冬は厚着をすることが多い
◻︎湯船に浸かるときはしっかり身体を温めるためにアツアツのお湯に入る
◻︎秋・冬にシャワーで済ませる時は、冷え防止のためアツアツのお湯にしている
◻︎身体を洗う時はナイロン製のスポンジを使っている
◻︎カミソリでムダ毛を処理する時は、毛流れに逆らって剃っている
◻︎ムダ毛を自己処理する時は、キレイにするため毛抜きでしっかりと処理している

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?


Photo:【ミュゼプラチナム調べ】
【お手入れ上手!】0〜2個のみ該当の方は青信号
【要注意!】3〜4個該当の方は黄色信号
【お手入れ習慣の見直しが必要!】5個以上の方は赤信号

30代女性がもっとも肌トラブルを感じる季節は…

Photo:【ミュゼプラチナム調べ】

全国600名の女性を対象に、「季節によってお肌の状態に変化があると感じるか」を調査したところ、86.2%の女性が季節ごとのお肌の変化を感じていると解答しました。
さらに季節ごとのムダ毛処理による肌トラブル状況を明らかにすべく、肌トラブルを経験したことがあると答えた人に「1年のうちもっとも肌トラブルが多いと感じる季節はいつか」についても調査!

 


Photo:【ミュゼプラチナム調べ】
その結果、全体の約半数にのぼる47.0%の女性がもっとも肌トラブルが多い季節は「冬」と回答しました。

 


Photo:【ミュゼプラチナム調べ】
また、肌トラブルの状況を年代別に見てみると…30代は特に冬の肌トラブルが多く、対して20代は夏に肌トラブルが多いということが明らかに!
30代大人女子のみなさんがもっとも気をつけるべき季節は冬なのです。

 

【川島先生よりコメント】
20代、特に20代後半は夏の日焼けによるシミが気になる傾向にあるでしょう。
加えて20代は野外活動での発汗トラブルも多いといえます。
一方30代後半は積極的に日焼けをするような行動をとらないため、夏のトラブルは少なくなります。
しかし冬においては、30代後半から肌の乾燥を20代よりも感じるようになるため、そのぶんトラブルの頻度があがるといえます。

肌の露出が少ない冬でも気になるのは…

Photo:【ミュゼプラチナム調べ】

全国600名の女性に冬の肌悩みを調査。
67.5%が「乾燥」、20.7%が「かゆみ」と解答しましたが、次点だったのが、14.8%「ムダ毛」という結果に!
肌の露出が少ない冬でもムダ毛が肌悩みの上位にランクインするということが明らかになりました。

 

Photo:【ミュゼプラチナム調べ】

さらに、上記の結果を本レポートの冒頭でご紹介した「冬の肌ケアNG習慣チェックリスト」の調査結果とかけあわせてみると、赤信号(肌ケア習慣のNG項目に5つ以上当てはまった方)の方は、すべての項目においてトラブル率が高いという結果となりました…!

 

Photo:【ミュゼプラチナム調べ】

季節ごとのボディケア方法をみてみると、1〜3位までは共通しており1位が「ボディソープ、石鹸で体を洗う」、2位が「ムダ毛処理をする」、そして3位が「ボディクリームを塗る」という結果に。
ムダ毛の処理は、肌の露出有無に関わらず、年間を通してお手入れをする女性が多い、ということが明かになりました。

 

【川島先生よりコメント】

お肌の悩みは季節によって異なるでしょう。
春・秋・冬は空気が乾燥する時期なので、乾燥に関連した痒みなどの悩みが増えます。
一方で夏は日差しが強くなるため日焼け関連の悩みが増えます。
スキンケアの基本は保湿と光老化対策そして正しい洗顔です。
乾燥する季節には、より十分な保湿が大切です。
また冬でも紫外線は降り注いでますので光老化対策は年間通じて行うことが大切です。
また洗顔は皮脂を取りすぎないこと、洗顔後の保湿を心がけましょう。

川島先生オススメ!冬の季節のお肌ケア方法と特に気を付けるポイント

①ドライスキンは外的刺激に弱いので、肌トラブルを起こしやすくなります。十分な保湿により角層水分量を高めましょう。
②暖房をかけすぎないこと、加湿器を使うことなどの環境対策も非常に重要です。
③熱いお風呂に長く入ってしまうと、角層の脂質を過剰にとってしまい、ドライスキンが進んでしまうので要注意です。
④入浴直後はローション、乳液、クリームを使用し、水分を各層にとじこめましょう。

 

【川島先生プロフィール】
東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任
川島 眞(かわしま まこと)
東京大学医学部卒業。パリ市パスツール研究所に留学。
東京大学医学部皮膚科講師などを経て東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任。
アトピー性皮膚炎をはじめ、美容、皮膚ウイルス感染症、接触皮膚炎などを主に研究。
東京女子医科大学は日本で最も外来患者数の多い病院として知られており、皮膚科にも1日150人以上の患者が訪れる。
【所属】日本皮膚科学会代議員/日本性感染症学会理事 日本皮膚アレルギー学会理事/日本香粧品学会理事長 日本美容皮膚科学会理事長/日本乾癬学会理事 日本コスメティック協会理事長

 

正しい肌ケアで、乾燥が気になるこれからの季節も乗り切りましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

  • Grapps
  • 美容・健康
  • 肌の大敵・乾燥の冬が到来!あなたの肌ケアは大丈夫!?〜NG...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。