大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子供に人気の習い事】水泳の知られざる効果とは
2017年12月02日更新

【子供に人気の習い事】水泳の知られざる効果とは

数多くの習い事があり、何を習わせようかと悩むママも多いと思います。その中で昔も今も人気が高い習い事は水泳。なぜそこまで人気なのでしょうか?今回は水泳の知られざる効果についてご紹介します。

今や数多くの習い事があり何を習わせようかと悩むママも多いと思いますが、昔も今も人気が高い習い事として水泳があります。

なぜそこまで人気なのでしょうか?

今回は子供に人気の習い事、水泳の知られざる効果についてご紹介していきます。

水泳を習うきっかけ

水泳を習うきっかけはさまざまです。

顔に水をつけるのを怖がっているから慣れてほしい、体力をつけてほしい、周りの子が習っているから、ベビースイミングの体験になにげなく行ってみたらそのまま…など。

きちんと泳げるようになってほしいという人は意外と少ないのです。

実際、習うことは赤ちゃんの内から可能ですが未就学時代は泳ぐことよりも水に慣れる・親しむというカリキュラムが多いようです。

水泳で得られること

水泳を習うことは、泳げるようになるか否かということだけではありません。

そこには様々な効果があります。

水泳は全身運動なので柔軟性・持久力を向上させ、水に潜ることにより心肺機能の強化にもつながります。

水圧を受けながら呼吸することにより喘息の発作の軽減にも効果があります。

浮力を利用した動きは、神経系の発達を促すなど、身体能力を高めるいいことがたくさんあるようです。

トップアスリートに水泳経験者が多い

現在活躍している一流アスリートも、過去には水泳をやっていたという人が多くいるようです。

プロ野球の前田健太投手、藤浪晋太郎投手、大谷翔平選手、サッカーの澤穂希選手、本田圭佑選手、テニスの錦織圭選手、杉山愛選手、フィギュアスケートの荒川静香さんなど。

「水泳をやるから水泳選手の道へ進む」という人は案外少ないのかもしれません。

特にトップアスリートは幼少時に2つ、3つのスポーツをこなしていて水泳でも輝かしい成績を残している人が多いようです。

才能があるから、というイメージもあるかもしれませんが、実は幼少期からのこういった教育や積み重ねが将来の実績につながっているのかもしれません。

 

水泳を習って泳げるようになることは、将来水泳を続ける・続けないに関わらず、無駄になることはないということが分かっていただけたのではないでしょうか。

「体を動かす習い事をさせたいな」と考えるのであれば、さまざまなスポーツに通じる水泳はお勧めです。

体験教室もあるので、気になる方はまずはお子さんを挑戦させてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca
Facebook
http://www.facebook.com/carinofilo

  • Grapps
  • 子育て
  • 【子供に人気の習い事】水泳の知られざる効果とは

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。