大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもの便秘を解消したい!スッキリ改善策
2017年01月12日更新

子どもの便秘を解消したい!スッキリ改善策

「便秘」に悩んでいる子どもは多いです。便秘自体は病気ではありませんが、お腹が張って苦しい、うんちを出すと痛いのでためこみ、食欲がなくなるなど生活の悩みに直結していきます。改善方法にはどんなものがあるのか知っておきましょう。

20170112_e_35521256

便秘は大人の女性の悩みというイメージがありますが、最近は子どもでも悩んでいることが多いです。便秘自体は病気ではありませんが、お腹が張って苦しい、うんちを出すと痛いのでためこみ、食欲がなくなるなど生活の悩みに直結していきます。

排便ができていたとしても、「いいうんち」であるかどうかが大切です。どのような状況が望ましく、また改善方法にはどんなものがあるのか知っておきましょう。 

「いいうんち」とはどんなもの?

「いいうんち」の定義は2つあります。

まずは「週に3日以上排便がある」こと。

毎日出なければ便秘というわけではありません。腸にためられるのが3日分なので、それがしっかりと排出されていれば問題ありません。

 

次に「便意を感じトイレに行くとスムーズに排せつできる」こと。

小さなうんちが少し出るだけでは快便とは言えません。また、排便後にスッキリした感じになっているかもポイントです。排便後も、ムズムズする感じが残るようであれば便秘になっている可能性がありますね。

 

良いかどうかの判断は、色や形も見てみましょう。水分が多いと黄色でどろどろしたものになります。

こげ茶色に近いほど水分が少なく、長く腸にたまっています。便秘の子にありがちなのはおにぎり状の大きな便で、固く大きくなるほどに排便が困難になります。

排便は自律神経の働き

排便する仕組みは、自律神経が腸や肛門に刺激を与えることで外へ押し出す力が働きます。

食事や自分の意思で動かせるものではありません。食事により改善すると思われがちですが、子どもは好き嫌いなどで食事の改善自体も困難ですし、食事だけで便秘を解消することは難しいのです。

 

自律神経を整えるためには、規則正しい生活を送ることが重要です。

食事は3回規則正しく食べる、決まった時間に起きて眠るということは基本ですね。さらに、緊張状態となる交感神経と、リラックス状態となる副交感神経がバランス良くなっていることが大切です。

活発に動く時間と、家で安心して過ごす時間が交互にやってくることで正常に自律神経が働きます。

取り入れたい食事とは

食事だけで改善することは困難ですが、便秘に効く食べ物は色々あります。

「便秘には食物繊維が良い」と言われますが、実は食物繊維には2種類あります。

うんちを柔らかくする水溶性食物繊維と、うんちの量を増やして腸を活発化させる不溶性食物繊維です。子どもの体質や便秘のタイプによって上手に取り入れましょう。また、不溶性を摂る際は必ず水分と一緒に摂りましょう。

 

・水溶性と不溶性が多く含まれる・・・ごぼう、納豆など

・不溶性食物繊維が多く含まれる・・・さつまいも、豆類、きのこ類、穀物類

・水溶性食物繊維が多く含まれる・・・こんにゃく、海藻類、果物

その他の解消法

規則正しい生活以外にも、気を付けたい点は何点かあります。

まずは水分を摂らせること。

おススメは水・麦茶・子ども用のスポーツドリンク。腸に負担がかからない程度であれば牛乳も良いでしょう。

 

次に運動をしっかりさせること。

腹筋力が弱くなると腸の動きも弱くなってしまいます。ストレス発散も自律神経の働きには効果的。色々な意味で体を動かすことが効果的なのですね。

 

そして、トイレに行く習慣をつけること。

焦らせる必要がないように、5分ほどの排便タイムを確保すると良いでしょう。

理想的なのは朝に少し早起きしてトイレに行くこと。朝食後は便意を感じやすいですし、早起きすることで時間をゆっくり取ることができます。

快便であれば朝にこだわる必要はありませんが、園で「うんちに行きたい」と言いづらい子は帰宅まで我慢してしまいがちです。朝の内にスッキリすると1日が快適に過ごせますね。

また、頑張らせすぎるのは禁物です。ある程度の時間頑張ってみて出なければ、無理強いしないように注意してください。

 

成長するにつれ、うんちが出ないことを親に言いにくくなる子も多いようです。

「ちょっと我慢すれば・・」という状態を続けていると慢性の便秘になり、大人になっても治すことが難しくなってしまいます。何より、辛い状態では明るく過ごすことはできませんよね。

親は排便状況を把握しましょう。把握していないようであれば、記録などをして子どもの様子を観察することも一手ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。
出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても
思っていたのと違うと悩むことも多いです。
子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。
これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログ
http://ameblo.jp/bettymoca
Facebook
http://www.facebook.com/carinofilo

  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもの便秘を解消したい!スッキリ改善策

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。