大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • デリケートな子どもの耳のケアはどうする?
2017年01月19日更新

デリケートな子どもの耳のケアはどうする?

子どもの耳のケアは、子どもが動いたり嫌がったりするので上手にできなくて放置している、という方もいるのではないでしょうか。お手入れがしづらいデリケートな部分ですが、正しいケアの方法とトラブルの回避方法をしっかりと知っておきましょう。

20170119_e_10840579

意外と正しいやり方を知らないというママが多い、子どもの耳のケア。

気になってはいるけど、子どもが動いたり嫌がったりするので上手にできなくて放置している、という方もいるのではないでしょうか。お手入れがしづらいデリケートな部分ですが、正しいケアの方法とトラブルの回避方法をしっかりと知っておきましょう。

耳掃除の頻度はどのくらい?

耳掃除とはそもそもどのくらいの頻度で行うべきなのでしょうか?

大人でもしょっちゅう耳掃除をする方がいますが、大体1ヶ月に1~2回程度で十分と言われています。

実は耳には自浄作用があり、耳のうぶ毛によって耳垢が自然に外に出るようになっています。さらに、耳垢には殺菌作用があったり皮膚の表面を保護してくれたりするので、奥にあるものを無理に取る必要はありません。

入口付近に見える耳垢を取れば十分です。

掃除をしすぎると耳の中が傷つく恐れがありますし、殺菌作用や保護の効果がなくなって外耳炎や難聴になることもあります。清潔にしたいから、と過度に掃除するのは禁物です。

子どもの掃除は綿棒を利用しよう

大人が耳掃除をする際は耳かきを使う方が多いと思いますが、子どもの掃除をする時はベビー用綿棒を使用しましょう。

持ち方は、綿棒の真ん中辺りを鉛筆を持つようにします。この持ち方だと、指が邪魔になって耳の中が見えづらいということがありません。子どもが急に動いた際も、耳の奥まで綿棒が入りすぎることを防ぎます。

耳に綿棒を入れる際は、頭をしっかりと押さえて固定し、耳たぶを少し引っ張ります。入口付近を、綿棒を1~2回ほど回転させるようにして優しくぬぐいましょう。決して奥まで入れないようにします。

子どもに「じっとしててね」と言い聞かせることも大切です。可能であれば他の大人に手伝ってもらい頭や体をしっかり押さえておくといいですね。

 

子どもが嫌がらないように掃除をするためには、

・耳の入口周りだけを掃除する

・耳の周りをコチョコチョくすぐるようにする

ということが大切です。

耳の奥の骨に綿棒が当たると痛みを感じます。無理に入れようとせず、スキンシップを行うつもりで耳掃除をすることに慣れさせましょう。

大きな塊はピンセットで取ることも

大きな塊を見つけた際、綿棒で取ろうとすると逆に押し込んでしまうことがあります。

入口付近にある場合は、耳かきやピンセットでそっと取っても良いでしょう。普通のピンセットでは耳を傷つけてしまうことがあるので、耳掃除専用のピンセットを選びましょう。

ピンセットでもすぐに取れそうにない場合は、それ以上無理に取ろうとせずに入口付近まで出てくるのを待ちましょう。

無理をすると余計に押し込んでしまい自然に出てこなくなってしまいます。奥にあって気になる場合は、耳鼻科を受診して取ってもらいましょう。

耳のトラブルを回避しよう

風邪を引いた時は、鼻水のばい菌が耳へ行きやすくなるためトラブルにもなりえます。普段もそうですが、風邪の際にはこんなことに注意しましょう。

1.鼻水をすすりあげない

2.こまめに鼻水をとる

3.テレビなどはほどほどの音量で楽しむ

 

子どもは大人よりも耳と鼻をつなぐ管が短いため中耳炎になりやすいので、日ごろから注意をし、特に風邪を引いた際は子どもの様子をよく観察するようにしましょう。

耳はデリケートな部分であるためケアにも気を使います。しかし耳の入口を掃除することは、副交感神経を刺激してリラックスし気持ちいいと感じるものです。正しい方法と無理をしないことを頭においてケアしてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。 出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても 思っていたのと違うと悩むことも多いです。 子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。 これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログ http://ameblo.jp/bettymoca Facebook http://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • デリケートな子どもの耳のケアはどうする?

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。