大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもと豆まき!伝えていきたい伝統行事“節分”を楽しくする工...
2017年02月02日更新

子どもと豆まき!伝えていきたい伝統行事“節分”を楽しくする工夫

2月3日は節分。節分は伝えていきたい伝統行事ですが、鬼が出てきて怖がる子どもも多いですよね。豆まきを楽しい思い出にするためには、行事の由来を親も理解しながら伝えていく工夫が必要です。

20170126_e_40564036 - setsubun

2月3日は節分です。豆まきをする家庭や園も多いでしょう。

これからも伝えていきたい伝統行事ですが、鬼が出てきて怖がる子どもも多いですよね。

豆まきを楽しい思い出にするためには、行事の由来を親も理解しながら伝えていく工夫が必要です。小さい子どもに楽しいと感じてもらうにはどのようにしたら良いでしょうか。

まずは節分の由来を理解しておこう

何となく毎年行っている豆まき。親も由来を知ることから始めましょう。

元々節分とは「季節の変わり目の前日」の意味で、年に4回あります。2月の節分は旧暦では一年の終わりと捉えられていて、新しい年を無事に過ごすために鬼を追い払う行事が平安時代に開かれるようになりました。

4回の内行事として残ったのが2月の節分となります。豆に宿る穀物の力が鬼を退治すると信じられていたため、室町時代には豆をまいた記録があるそうです。

人間臭い鬼が登場する絵本がおすすめ

親が由来を理解していても、小さい子どもにそれを理解させるのは難しいものです。

節分をテーマにした絵本や紙芝居が多く出ているので、そういったものを活用すると意味を伝えやすいでしょう。

おすすめの絵本をいくつかご紹介します。

 

・おにはそと

作・絵: せな けいこ
作・絵: せな けいこ

人気絵本作家、せなけいこさんの本です。豆まきをテーマにした心和む絵本は、子どもが節分に触れる導入にピッタリの内容です。

 

・なぜ、せつぶんに豆をまくの?

作: 国松 俊英 絵: 藤田 勝治

鬼の顔が怖いようにも見えますが、豆をまかれた鬼が豆まきの由来を話し出し、とても分かりやすい内容です。自分の弱いところをしゃべってしまう鬼に、ついクスリと笑ってしまいます。

 

・おなかのなかにおにがいる

作: 小沢孝子 絵: 西村 達馬

自分の中の悪い部分を鬼に見立てることで、豆まきをして強い自分になれます。自分にはどんな鬼がひそんでいるか、子どもが考えるきっかけにもなりますね。

絵本に登場する鬼が人間臭いほど、子どもは感情移入しやすくなり情操教育にも向いています。豆まきをすることで自分の「弱虫の鬼」や「泣き虫の鬼」を体から追い払うことができると説明してあげると、鬼を怖いものと感じずに豆まきが楽しい思い出になるでしょう。

豆まき後の豆にも配慮

投げ終わった豆は、年の数だけ食べると健康でいられるということは昔から言われていますが、最近は衛生面を考えて別の豆を食べるという園が多いようです。

「不衛生だから」という理由で豆まき自体を廃止するのではなく、工夫しながら伝統行事に触れる機会を失わないようにしましょう。

投げる豆と食べる豆を分けることもできますが、それがもったいないと感じる方は、投げる豆を殻付きの落花生や小袋包装されたものに替えてはいかがでしょうか。

豆ではなく、新聞紙を丸めたボールを投げるのも盛り上がります。大人が鬼に扮する以外にも、ペットボトルなどを鬼に見立ててもいいですね。

厚紙や折り紙などで鬼を作って貼れば、作る工程も楽しめます。人に投げつけるのを躊躇する子でも思いっきり豆まきゲームを楽しむことができます。

 

私の息子も最初は鬼を怖がり、家ではお面をつけることすら拒まれてしまいました。

しかし成長と共に豆まきを楽しめるようになっています。こうした伝統行事は、時代と共に形式が変わる部分も多少あるかもしれませんが、由来などを理解した上で次世代にも引き継いでいきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。
出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても
思っていたのと違うと悩むことも多いです。
子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。
これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログ
http://ameblo.jp/bettymoca
Facebook
http://www.facebook.com/carinofilo

  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもと豆まき!伝えていきたい伝統行事“節分”を楽しくする工...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。