大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 思い出に残る写真を残したい!すぐにできる“子どものいい写真”...
2017年03月23日更新

思い出に残る写真を残したい!すぐにできる“子どものいい写真”を撮るための絶対条件

子どもの写真をもっと上手に撮りたいと思うママも多いでしょう。「自然なところを撮りたい」「いつもワンパターンになってしまう」という方も、少しコツを知ることで印象的な思い出に残る写真を撮ることができます。どんなところに気を付けたら良いのでしょうか。 子どものいい写真を撮るための絶対条件について。

子ども写真撮るコツ

春の行楽シーズン。子どもの写真を撮る機会も増え、もっと上手に我が子を撮りたいと思うママも多いでしょう。

「自然なところを撮りたい」「いつもワンパターンになってしまう」という方も、少しコツを知ることで印象的な思い出に残る写真を撮ることができます。どんなところに気を付けたら良いのでしょうか。 

子どもの目線で撮る

大人が立って撮影をすると、上から子を見下ろすアングルになってしまいます。子どもの目線で撮影することが一番のポイントといってもいいでしょう。

大人が子ども目線になることで、子どもの見ている景色も見えてきます。同じ高さだけではなく、さらに下になって見上げるくらいの角度で撮ると面白い写真が撮れるでしょう。可能であれば床に転がるくらいのアングルも試してみましょう。

寄って、ワンパターンから脱出

子どもを撮影しようとするとつい全身を撮りたくなります。しかしいつも全身を撮るとワンパターンになってしまいますよね。寄って撮ることでいつもと違う写真になります。

寄るというと顔全部を写そうとしてしまいますが、顔すら全部入れなくてもいいのです。目や顔の半分、頭上などその時印象に残るパーツを切り取ってみましょう。

顔以外にも、手だけ、後ろ姿など色々な部分を切り取ってみましょう。いつもと違った写真になります。

笑顔やカメラ目線以外もおさえる

写真を撮ろうと思うとつい「こっち向いて~。笑って~」と声をかけてしまうと思います。子どももいつも同じポーズで構えて同じ写真になりがちですね。さらに、カメラを向けられるとうまく笑えなずにぎこちない表情になってしまうことも多いのではないでしょうか。

子どもの表情は笑顔だけではありません。頑張っている表情、怒っている顔、泣きべそな顔、不思議そうな表情など、色々な表情をおさえておくことで、後で見返した時により鮮明にその頃の記憶が蘇ります。

時には、子どもに気付かれないようにそっとカメラを準備し、自然な表情をおさえてみましょう。気付かれないために、望遠機能を使って少し遠くから撮影するのもおすすめです。

さらに、気付かれないようにカメラを準備しておいて、「〇〇ちゃん」など呼びかけて振り向いた瞬間を撮るのも自然な表情になります。

光の角度や補正を活用しよう

光の当たり方は一番大切といっても過言ではありません。まず、基本はフラッシュをたかないこと。

フラッシュをあてると不自然な仕上がりになってしまいますので。必ずオフにしておきましょう。

光の当たる角度は、逆光や半逆光にすると雰囲気のある写真になります。逆光は被写体の後ろから光が当たり、半逆行は斜め後ろから光が当たる状態です。

「逆光はダメ」と言われていたのは昔の話です。確かに逆光だと顔は暗くなりますが、そこは露出補正で明るく調整します。今は、一眼レフやミラーレスだけではなくスマホにも露出補正機能が備わっています。

露出をプラス1や2などにあげることで、顔を明るくすることができます。(露出をあげすぎると白くとんでしまうので注意が必要です)

 

最近は、一眼レフやミラーレスなども本格的な機能を搭載したまま低価格・軽量化していて、ママが持ちやすくなっています。そういったカメラで色々な機能を駆使するとさらにいい写真が撮れますね。

しかし、子どものいい写真を撮るための絶対条件は、とにかく「ママが動くこと」「枚数をたくさん撮ること」だと思います。色々な角度や距離から、アップや引きの写真など、たくさんシャッターを切ることで心に残る写真が必ず撮れるようになります。今はデジタルの時代ですから、失敗を恐れずにどんどん写真を撮っていきましょう!後でいくらでも消すこともできますからね。 

すぐに大きくなってしまう子ども時代。ワンパターンではない、思い出に残る写真を是非たくさん撮ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。
出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても
思っていたのと違うと悩むことも多いです。
子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。
これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログ
http://ameblo.jp/bettymoca
Facebook
http://www.facebook.com/carinofilo

  • Grapps
  • 子育て
  • 思い出に残る写真を残したい!すぐにできる“子どものいい写真”...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。