大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子供とのコミュニケーション不足に悩むママたちへ〜我が子との絆...
2017年03月23日更新

子供とのコミュニケーション不足に悩むママたちへ〜我が子との絆を深める方法〜

忙しい日々の中で、子供との時間が足りない…どうにかしないと…と思っているものの、あっという間に1日が過ぎてしまう。子供とのコミュニケーション不足に悩むママたちへ。大人が「こんなこと?」と思うちょっとしたこと、それが子供にとってはとっても大きなことなんです。この記事では我が子との絆を深めるために日常生活にすぐに取り入れられる方法をご紹介していきます。

広い世界の中で生きている大人と違い、子供の世界は狭く、母親は唯一無二の存在です。
誰よりも安心できて頼れるお母さんとの時間は、何よりも幸せなかけがえのない大切なトキ。
もちろん世の中のお母さんたちも我が子と同じ気持ち。でも働く女性が増えた現代では子供との時間を十分に確保するのも一苦労ですよね。
毎日一生懸命働いているお母さんを嫌いになることは絶対にありませんが、まだまだ幼いのも事実。

子供ながらに理解しようとしても、大人のように全てに納得するのは難しい時もあります。
1日24時間、寝ている時間を除いた限られた時間の中で、いかに子供と上手にコミュニケーションを取れるか、それが現代の働くお母さんたちの課題なのかもしれません。
そこで今回は、我が子との絆を深める方法をご紹介。
大人が「え?そんなこと?」と思うようなことでも子供にとっては、とっても大きなことなんです。

“話せる環境”を整え”心の準備”をさせてあげよう

朝はバタバタの戦争時間、仕事後は夕食時間、お風呂時間、さぁもう寝る時間!とあっという間に過ぎてしまう1日の中で、働くお母さんが子供とゆっくり“心を通わせられる時間”って一体いつなのでしょうか?
比較的ゆっくり会話できる帰宅途中や夕食時に「今日は何があったの?」「お友達と何して遊んだの?」と問いかけも答えてくれなかったり「忘れちゃった」と、とぼけられてしまう。

すると、どうコミュニケーションを取っていいのか分からなくなり、親の思うようにいかないのが子供…と、心のどこかで「聞いても答えてくれないから」と諦め…ちゃだめです!

性格やタイプにもよりますが、お母さんに“聞いてほしい・話したい”気持ちはどんな子にも必ずあるから。
大人でも”良いこと・褒めてられること”はスラスラ話せるけれど、”悩んでいること・迷っていること・嫌だったこと”って話しづらかったりしませんか?

話す”心の準備”が必要な時だってありますよね。

純粋で素直、全てのことをダイレクトに受け止めてしまう、だからこそ大人が気づかないようなことも色々考えているのかもしれません。
後々「どうして話してくれなかったの!?」と怒らないためにも、“話せる環境”を整えて“心の準備”をさせてあげましょう。

寝る前の”お話タイム”を習慣化させよう

子供がお母さんに話しやすい時間、それは寝る前です。
人間、夜になると色々なことを考えてしまうもの。様々な感情がぐるぐるしている、だけど夜はやっぱり眠い!
1日の締めくくりである夜は、ふわふわとした眠さとお母さんが横にいてくれる安心感、そして複雑な気持ちが渦巻き、普段なら強がってしまう子も、伝えることがあまり得意ではない子も、話しやすいのです。
寝る前に全部、聞いてあげる。
どんなことも、お母さんが知ってるなら対処できることもありますし「こんなこと思ってたんだ」と我が子の新たな一面を発見することもあるでしょう。
お母さんだって疲れて眠いのは当たり前、だけど寝る前には必ず子供の心に寄り添う時間を持ち、1日のあらゆる気持ちを吐き出させてあげることで、気持ちのリセットがしやすくなります。

そして寝る前のお話タイムが習慣化されると「今じゃなくて寝る前にお母さんに言ってみよう」「いつも忙しそうだけど寝る前なら聞いてくれる」と子供が話しやすい環境が作れるのです。

全ては”お母さん”のため、それが子供

忙しいお母さんを手伝って楽させてあげたい子供の気持ち、お手伝いしてくれたらとっても助かるし嬉しいですよね。

でも、失敗してしまったり遅かったりすると「片付けが増えた!」「自分でやった方が早い!」とイライラ…。

いつも時間と勝負して毎日を生き抜いているお母さんたちには1分1秒もったいなく感じてしまう気持ちも「早く終わらせて、早く早く」…と焦る気持ちも分かります。

でも子供からしたら全ては多忙なお母さんのため、そして喜ぶ顔が見たいから、褒めてもらいたいから、「お母さんと一緒に◯◯してる!」という同じトキを“過ごせてる”想いからですよね。

そんな子供の気持ちは百も承知、心から嬉しいし分かっているのに、それでもイライラしてしまった時はちょっと考え方を変えてみて。

選択肢を与え・”一緒に”考え・子供に決定権を

例えば夕食の準備中、ポテトサラダのポテトをマッシュする係を任命したとします。

最初は真面目にやるものの、だんだん飽きてきたのか遊びはじめる、ボロボロこぼす…お母さんのイライラ度がUP!でもやめない!

もしかしたら”お母さんに怒られる=自分に関心が向いている”という“お母さんを困らせたい願望”でやっているのかもしれませんが、怒ってばかりのお母さんにはなりたくないですよね。

そこでちょっと思考を変えてみて。”ポテトサラダはマッシュされているもの”という固定概念をなくしてみましょう。

あまりマッシュされていないポテトサラダだってこの世にはあります。

「どんなポテトサラダにする?」「柔らかいポテトにする?それともジャガイモが大きいゴロゴロしたポテトサラダにする?」「どんなポテトサラダを作ろうか?」って、子供に問いかけてみて。

「どうしようか?どうしたい?」と”一緒に”考える、希望を聞く、すると子供はその通りにしてくれるはずです。

それだけで子供は“自分に関心が向いている・ちゃんと聞いてくれている”という気持ちになります。

そしてマッシュするにせよしないにせよ“自分で決めたこと”は全うする子になるでしょう。

だって、お母さんと“一緒に”考えて自分で決めたことだから。

 

ちょっとでも心の距離が遠いと感じたら…1番近い何よりも大切な人が1番遠い人にならないよう、限られた時間の中で上手にコミュニケーションを取っていきましょう。

“一緒”に作って”一緒”に食べよう

 

最近では日本でも定着しつつある春のイベント、キリストの復活をお祝いするお祭り「イースター」が今年は4月16日(日)にやってきます。

クリスピー・クリーム・ドーナツからはイースターをイメージしたドーナツ「GoodLuck!Easter」3種が3月22日から発売中!(一部店舗を除く)

さらにイースターの象徴的なモチーフである”イースターエッグ”をドーナツで簡単に楽しく作ることができるデコレーションキット「イースター デコセット」も登場しています。

親子で一緒に”食べられる”イースターエッグ、作ってみませんか?♡

 

Photo:左上から時計回りに「イースター デコセット550円(税込)」・「キャラメル クリスピー イースター230円(税込)」・「ラッキー ストロベリー テントウムシ230円(税込)」・「おすすめ!ダズン(12個入り)2,000円(税込)」・「イースター デコセット見本2種」

 

・イースター デコセット概要(画像左上)

セット内容:ストロベリー カスタード ドーナツ1個、オリジナル・グレーズド®1個、 チョコペン 1 本、トッピング 3 種

発売期間:3月22日(水)〜4月25日(火)※各日数量限定、なくなり次第終了

価格:550 円(税込)

※事前予約可(店舗受け取りの2日前まで、各店舗へ電話予約)

 

クリスピー・クリーム・ドーナツ公式HP

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

  • Grapps
  • 子育て
  • 子供とのコミュニケーション不足に悩むママたちへ〜我が子との絆...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。