大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 風邪なんて吹き飛ばせ!子どもが元気に冬を過ごすための風邪対策
2017年11月30日更新

風邪なんて吹き飛ばせ!子どもが元気に冬を過ごすための風邪対策

寒くなってくるこの時期、体調管理には十分注意したいですよね。風邪だけではなくさまざまな病気にかからないためには、原因となるウィルスを体内に入れないことが重要です。さらにウィルスが入っても負けない強い身体作りや環境を整えることが必要です。それぞれの項目について正しい予防法を知っておきましょう。

子どもが元気に冬を過ごすための風邪対策

寒くなってくるこの時期、体調管理には十分注意したいですよね。風邪だけではなくさまざまな病気にかからないためには、原因となるウィルスを体内に入れないことが重要です。さらにウィルスが入っても負けない強い身体作りや環境を整えることが必要です。それぞれの項目について正しい予防法を知っておきましょう。

手洗いうがいを徹底する

基本中の基本ですね。手洗いは手のひら、甲、指の間、爪の間、手首までしっかりと洗います。忘れがちなのが、洗った後必ず乾燥させるということです。濡れたままだと雑菌が付着しやすくなります。

うがいは、ガラガラうがいができない子にはブクブクうがいでも大丈夫です。まずは「帰宅後・食事前に手洗いうがいをする」という習慣をつけて徐々に練習しましょう。ガラガラうがいは難しいので、練習法もまとめておきます。ブクブクうがいができてから挑戦しましょう。

 

ガラガラうがい

1.水を含んで口を開ける

いきなり真上を向いてうがいするのは危険なので段階を踏みます。まずは口に水を少し含んで、正面を向いたまま口を開ける練習をしましょう。こぼれないように開けることができればOKです。

 

2.「あー」と声を出す

水を口に含んだ状態のまま「あー」と声を出す練習をしましょう。まだ正面を向いたままで大丈夫です。

 

3.角度をあげていき真上を向く

水を口に入れて声を出せるようになったら、少し角度をつけて声を出す練習をします。角度は段階を踏んで徐々に上げていきます。真上を向くまで、4段階くらいに分けるといいでしょう。角度がついてくれば真上を向いてできるようになります。

最初は5秒程度と短くてよいので徐々に慣らしていき、できるようになったら15秒程うがいするようにしましょう。

室内の温度や湿度を見直す

室内は温かく保つようにしましょう。温度は20度から23度程度が良いでしょう。室温を上げると乾燥や換気が気になります。湿度は40%から60%が最適です。加湿器があればベストですが、お持ちでない場合は洗濯物を室内に干すことでも湿度を上げることができます。寝室に濡れタオルをハンガーで干すと、寝ている間の乾燥を防げます。

また、喉の乾燥を防ぐためにはこまめな水分補給が大切です。水分補給には、ミネラルを含む常温の麦茶がおススメです。

服装に注意する

寒いとどうしてもたくさん服を着せてしまいがちですが、多く着せることが良いとは限りません。子どもは大人より体温が高く、よく動くので汗をかきやすいです。汗をかくことは体の冷えを招き、かえって風邪を引きやすくなります。外出時は何枚も着せるのではなく、簡単に脱ぎ着ができる上着をプラスしてすぐに調節できるようにしておきましょう。

眠る際も寝汗をかかないように注意しましょう。様子を見て汗をかいているようなら、パジャマを交換してあげましょう。

バランス良い食事を採る

風邪の予防に有効な栄養素は、タンパク質、ビタミンC、ビタミンA、亜鉛です。普段の食事で意識して、バランスよく摂取しましょう。もちろん3食しっかりと食べ、規則正しい生活を送ることは基本です。

下記は有効な栄養素が特に多く含まれている食材です。

 

・タンパク質

動物性:鶏肉(特にササミ)

植物性:納豆、麩、オートミール

 

・ビタミンC

みかん・レモンなどの柑橘系、大根・カブの葉やネギの青い部分、小松菜・ブロッコリー・ほうれん草、ピーマンなど

 

・ビタミンA

緑黄色野菜(人参、ほうれん草、かぼちゃ)、卵、肉類

 

・亜鉛

チーズ、ごま、納豆、そば、カキ

 

規則正しい生活やバランスの良い食事は、風邪を予防するだけではなく強い身体を作ることにもつながります。そして、子どもの健康に気を配るばかりで、ママ自身のことがおろそかになっていけません。

ママが寝込んでしまうと、ママ自身が辛いばかりではなく子どもへの気配りができなくなります。子どもの健康を守るためにはママの健康も重要です。自分もしっかりと風邪予防をし、家族で元気に冬を乗り切りましょう!

 

written by Carinofilo

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca
Facebook
http://www.facebook.com/carinofilo

  • Grapps
  • 子育て
  • 風邪なんて吹き飛ばせ!子どもが元気に冬を過ごすための風邪対策

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。