大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 距離をとって上手に回避!マウンティングママがとりがちな3つの...

距離をとって上手に回避!マウンティングママがとりがちな3つの行動

マウンティングママ友…ドラマにもなりましたよね。対応が難しいのは、悪化するとママ同士だけでなく、子どもにも関係する問題になりかねないからです。そこで今回はマウンティングママが取りがちな行動を3つご紹介します。「あれ?」と思ったら少し距離をとって上手にお付き合いするのが得策かもしれません。

良好なママ友関係を築いていても、その関係を一瞬でぶち壊してしまう存在。
それが「マウンティングママ」です。
マウンティングママには近づかないのが1番です。
そこで今回は、マウンティングママがとりがちな行動を心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

①他人の子どもの成功を喜べない

「最近うちの子、○○できるようになったんです」と話すと、露骨に機嫌が悪くなったり「すごいですね」と喜ばなかったりする人はマウンティングママかもしれません。

マウンティングママは劣等感が強いので、「他者の成功=見下されている」と考えがちで、自分の子どもより結果を出す子どもは、「自分を貶める存在」と認識します。
ですので、自分以外の子どもの成功を喜べないのです。

②自分の話をよくする

ママ友に子育ての悩みを相談した時に「ウチの子の場合は~」「私もね~」などなど、自分語りをしやすいのもマウンティングママの特徴になります。

マウンティングママは、自分語りをして「自分がどれだけの経験をしてきたのか」という優位性を誇示したがる生き物です。

もし、「全然私の話を聞いてくれない…」と思うようなことがあれば、「マウンティングママかも!?」と疑ってみることをオススメします。

③メールの返信が遅い

メールやラインの返信が遅い人はよくいますよね。
ですが、そういう人が実はマウンティングママだったりするのです。

メールやラインの返信を遅らせることで、「あなたのメールなんかに返信する時間はないのよ」「あなたごときにすぐに返信するわけないじゃない」と、マウンティングをかましてくる人は意外と多くいます。

ですので、SNSを頻繁に更新するのに、メールやラインの返信が遅い人には要注意です。

まとめ

マウンティングママに接してしまうと、関係がギスギスしやすくなり、これまで普通に接していたママ友もマウンティングしがちに。
ぜひ今回ご紹介した行動を覚えて、マウンティングママには近づかないようにしましょう。

 

written by 高萩 陽平

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

心理カウンセラーの資格を持つフリーライター。
国内だけでなく海外の文献もチェックしており、その幅広い心理学の知識をベースにした合理的な記事を執筆する。
共感ではなく解決に導く記事を執筆するべく日々頭を抱えている。

  • Grapps
  • 子育て
  • 距離をとって上手に回避!マウンティングママがとりがちな3つの...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。