大人女子のためのWebメディア
検索
2017年11月11日更新

トム・フォード監督の美意識が炸裂!ミステリー映画『ノクターナル・アニマルズ』

「グッチ」や「サンローラン」のクリエイティブ・ディレクターであり、自身の名前を冠したブランドも設立し、ファッション界に揺るぎない地位を確立したトム・フォードの監督第2作『ノクターナル・アニマルズ』は、アート性を色濃く打ち出したミステリー映画。端正な美しさの中にくすぶる醜さも描いた作品です。

「グッチ」や「サンローラン」のクリエイティブ・ディレクターであり、自身の名前を冠したブランドも設立し、ファッション界に揺るぎない地位を確立したトム・フォード。しかし、彼の才能はファッション界だけには留まらず、映画界でも名声を得ているのです。監督デビュー作である『シングルマン』は、トム・フォードの端正な美意識と人生の儚さを描いた美しい映画でした。ところが第2作『ノクターナル・アニマルズ』は一転して、アート性を色濃く打ち出したミステリー映画。端正な美しさの中にくすぶる醜さも描いた作品です。

 

 

トム・フォード映画の世界1:心をえぐるストーリー

(C)Universal Pictures

アートギャラリーのオーナーとして成功をおさめたスーザン(エイミー・アダムス)のもとに、元夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)が執筆した小説「ノクターナル・アニマルズ(夜の獣たち)」が届きます。それは一つの家族が暴漢によって崩壊される物語。小説を読みながら、エドワードとの日々を回想するスーザン。彼への裏切り、彼の絶望、彼女のしたことは小説の暴漢と同じくらい残酷なことだったのです……。

 

(C)Universal Pictures

現在と過去と小説の世界が交錯する複雑な構成にもかかわらず、わかりやすく心をえぐられるストーリーが絶妙です。表向き成功したセレブのスーザンですが、彼女の過去の過ちが小説を追うごとにジワジワとあぶりだされる様が凄いです。

トム・フォード映画の世界2:洗練されたファッション

本作でトム・フォードは、衣裳デザインを手掛けておらず、トム・フォードブランドの服もありません。衣裳デザイナーのマリアンヌ・フィリップスに一任し、彼女のフィルターを通したトム・フォード流のファッションになっています。自分のブランドの服を使用しないのは、映画を自分のブランドの宣伝に使いたくないという監督の意向だそうです。
では女性たちの衣裳を中心に見ていきましょう。

 

(C)Universal Pictures

ギャラリーでのスーザンの衣裳:ロングスリープの黒のシースルードレス。白いギャラリーとのコントラストを意識したシックな衣裳。

 

(C)Universal Pictures

美術館スタッフの衣裳:着る芸術を意識し、監督が選んだ服。ハーネスはコム・デ・ギャルソンのヴィンテージ。

 

(C)Universal Pictures

スーザンの母の衣裳:シャネルのオートクチュール。セレブな母親らしいファッション。

 

(C)Universal Pictures

ラストシーンのスーザンの衣裳:グリーンのワンピースは、この映画のための衣裳で染色から衣裳デザイナーが手掛けた1点もの。

トム・フォード映画の世界3:美醜の境界線を描く

本作はオープニングから度肝を抜かれます。巨体の女性が裸で踊り狂うシーンからスタートするからです。これはヒロインのスーザンが経営するギャラリーのアートなのですが、洗練された白いギャラリーに巨体の女性のヌード(それもかなりブヨブヨな体)。この美醜の競演のようなシーンは、このあと展開されるスーザンとエドワードの関係を物語っています。美しく着飾り、物質的に恵まれていても、心が腐っていたら、憎しみあっていたら、絶望していたら……。トム・フォードの洗練された美意識の暗黒面が描かれているような作品です。

 

(C)Universal Pictures

とても美しい側面と暗黒の側面と両面描かれているミステリー映画。かなり刺激的なので、カップルで見るというより、ひとりでじっくり見るのにオススメです。

 

(C)Universal Pictures

ノクターナル・アニマルズ
TOHOシネマズ シャンテほか絶賛上映中!
製作・監督・脚本:トム・フォード
原作:オースティン・ライト
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャーほか
Official Website

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

働いている時間もそれ以外の時間も、夢中になって楽しみたい女性が、毎日をもっと楽しくもっと素敵にもっと充実して過ごせるコンテンツをお届けします。LiBzLIFE:https://libz-life.jp/

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。