大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 高い場所のほこり掃除をお忘れなく!快適な住まいを作る家事テク...
2017年03月14日更新

高い場所のほこり掃除をお忘れなく!快適な住まいを作る家事テクニック

天井やカーテンレールなど高い場所のほこり汚れ、気にしたことはありますか。ほこりがたまっているとアレルギー症状の引き金にもなり、小さな子どもがいるご家庭なら意識したいところです。正しいお掃除方法を見直して、快適な住まいを維持しましょう。

天井のほこりはナイロン製のハタキを使う

p_saranya/Shutterstock
 
天井のほこりを落とすには、静電気が発生するナイロン製ハタキを使います。天井の高さに合わせた柄の長いハタキを用意して、手を伸ばしてきれいにしましょう。

静電気が発生するとは言っても細かなゴミが落ちてくるので、三角巾やマスクをつけます。テレビやパソコンなど汚したくない家電には、ビニールカバーをかけておくと安心です。

しっかりほこりを吸着させるためには、使用前に軽くふって静電気を起こした状態でお掃除します。一気に全てきれいにしようとしないで、こまめに下におろしてほこりをとる配慮も重要です。

カーテンレールは先端が曲がるグッズが便利

threephet pattanajan/Shutterstock
 
カーテンレールなど入り組んだ高いところのほこりを落とすためには、専用のお掃除グッズを使います。先端が曲がる形状になったシート取り替えタイプのお掃除用具を用意して、レールの上をなでるように動かします。ほこりが湿って落ちにくくなった状態なら、住宅用洗剤を併用しましょう。

カーテンを外して作業すると隅々まできれいにしやすく、しっかりほこりを落とせます。カーテンを外してしまうと元に戻すのが面倒という方は、半分ずつずらしてお掃除しましょう。一番外側のフックだけを外して片側にカーテンを寄せ、汚れを落としたところで左右を入れ替えてきれいにします。

ほこり掃除のポイントは上から下に進めること

Iakov Filimonov/Shutterstock
 
フローリングに毎日掃除機をかけているのにほこりがたまってしまう場合には、高い場所の汚れを疑いましょう。天井や照明器具がほこりだらけになっているとエアコンの風などで飛び散ってしまうので、お部屋がすぐに汚れます。舞い散ったほこりはテレビの画面やパソコンのモニターにも吸着するので、白く目立って気になるはずです。

床や家電など下にあるものばかりお掃除しても上から汚れが落ちてくるため、効率的ではありません。天井など高い部分をきれいにして、汚れをしっかり落とした状態から低い部分をお掃除します。上から下に進めていく流れは、大掃除などでも意識したい基本です。順序を意識した作業スケジュールをしっかり立てて、効率よくお掃除を進めてください。
ほこり掃除をする時にはお部屋をしっかり換気して、空気の通りを良くします。空気清浄機だけでは空気がこもってしまうので、窓を全て開けきって掃除しましょう。

気付いたときにすぐ掃除するのがきれいな部屋を維持する何よりのコツ、まめなほこり掃除で快適な住まいを目指してください。


thumbnail picture by Kzenon/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 高い場所のほこり掃除をお忘れなく!快適な住まいを作る家事テク...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。