大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 新常識!洗えない絨毯や大きなラグは水拭きお手入れで綺麗長持ち...
2017年03月18日更新

新常識!洗えない絨毯や大きなラグは水拭きお手入れで綺麗長持ち♪

家具のファブリック類はお手入れ方法に困ってしまいますが、掃除機をかける以外どうしようもないと思っていませんか?特に絨毯や大きなラグなどは色んな人の足で踏まれている場所なうえ、布なのでダニの存在も気になるところ。新常識のお手入れを伝授します!

毛の流れを見てブラッシング&掃除機がけ

didesign021/Shutterstock
 
絨毯(カーペット)掃除の基本となる掃除機がけ。パイル地(タオル地)や毛足の長い冬用の絨毯に掃除機をかける時のポイントは、毛の流れに逆らうことです。掃除機で叩いたり押しつけてしまうとゴミを中に押し込んでしまうので、毛の流れに逆らってできるだけゆっくりと掃除機を動かします。1平米(1×1m)を20秒ほどかけてじっくり吸い上げるのがコツ。せっかちな人には難しいかもしれませんが、時間をかけてあげることで中のごみをちゃんと吸い上げてくれるのです。

どれだけ掃除機をかけても、中のごみが取れない場合はブラッシングをしてから掃除機をかけるのがオススメ。ブラッシングをする時は、掃除機をかける時とは逆に、毛の流れに沿って掻き出してあげます。毛の流れに逆らってしまうと生地を傷めてしまうので気を付けましょう。

水拭きをしても大丈夫!絨毯を拭くコツ

PhotoMediaGroup/Shutterstock
 
絨毯を水で拭いたら湿っぽくなりそうな印象があると思いますが、固く絞った雑巾を使って拭くので、そのまま触らずに乾かしてしまえば問題ありません。汚れや汗などが染みついた絨毯は、月に一度程度の頻度で拭き掃除によるお手入れをしてあげるのが理想です。バケツ一杯にキャップ一杯の中性洗剤を混ぜてた水を用意します。雑巾を固く絞り、毛の流れに沿ってトントンと叩くように汚れを吸い取るようなイメージで拭きます。どうしても汚れが落ちない場合は毛の流れに沿って力を入れ、それでも落ちない場合は毛の流れに逆らって叩きながら拭きましょう。

あまり毛に逆らって拭くと生地を傷めてしまうので気をつけます。足元やテーブルの下、家具の脚などの接地面はごみやほこりが溜まりやすいので重点的に拭きます。できれば、拭いた場所が乾くまで家具類はそのままずらしておくといいでしょう。

絨毯のニオイやカビを撃退する方法

ambrozinio/Shutterstock
 
洗濯や外干しができるタイプであれば、裏から叩いて天日干しするといいのですが、床に敷き詰めてあったり、大きなサイズの絨毯(カーペット)は運ぶのも難しいですよね。でも、ファブリック類はどうしてもダニやニオイ汚れも気になります。部屋のニオイが気になる場合は絨毯が原因になっていることも。ニオイを取りたいときは、粉のまま重層を絨毯全体に降りかけ、ゴム手袋などを使ってゴシゴシこすりつけていきましょう。

1~2時間放置したあと、掃除機で丁寧に吸い取りましょう。パイル地や毛足の長い絨毯は特に念入りに掃除機をかけてあげます。ダニが気になる場合はスチームアイロンが効果的。クリーニングに出す方が簡単ではありますが、持ち運びが難しい、あまりコストをかけたくないときなど、少し手間はかかりますが、全体にスチームアイロンをかけてあげればダニ退治と同時にカーペットの毛並みも復活するのでオススメです。
絨毯そのもののお手入れも大事ですが、絨毯の下の床もしっかり拭いてあげましょう。洗剤を使って絨毯を拭くときは、あまり目立たないところでテストをするのがオススメです。重層は絨毯掃除にも使えるので、是非お試しください。


thumbnail picture by Alena Ozerova/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 新常識!洗えない絨毯や大きなラグは水拭きお手入れで綺麗長持ち...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。