大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 思わず心躍る新食感♪グルテンフリーのクラウドブレッドがダイエ...
2017年06月30日更新

思わず心躍る新食感♪グルテンフリーのクラウドブレッドがダイエット向きな理由

たった4つの食材で作れるグルテンフリーのパン、それがクラウドブレッドです。サクサクふわふわの新食感がダイエットフード界に新風を巻き起こしているんです。一体どんなパンなのでしょうか?

通称「雲パン」と呼ばれるクラウドブレッドの正体

Pixelbliss/Shutterstock (35257)
 
低糖質ダイエットやカロリー制限など、ここ最近のヘルシーブームで小麦粉を敬遠する人も増えてきました。それでもやっぱり美味しいパンは魅力的ですよね。そんなパンの代替品ともなるのが、このクラウドブレッドです。

クラウドブレッドはここ数年の間に海外で流行りはじめたばかりですが、SNSをきっかけに日本でも注目されるようになりました。使っている材料もたったの4つ、そして作り方もシンプルで簡単なのもポイントです。基本の作り方さえ分かれば食事だけでなくスイーツにも応用することができるので、アレンジのバリエーションも広がるんです。

作ってみたい?簡単すぎるクラウドブレッド

bonchan/Shutterstock (35258)
 
基本のクラウドブレッドに使う材料は、卵、チーズ、ベーキングパウダー、お砂糖だけ。お砂糖は、きび糖やラカント(カロリーフリーの自然派甘味料)、蜂蜜などに置き換えても大丈夫。卵やチーズなどのたんぱく質はダイエット中でも必要な栄養素なのであまり気にならないでしょう。

ベーキングパウダーに使われている原材料が小麦粉のデンプンでは?と気になる場合は、成分表を見て「コーンスターチ」と記されているものを選ぶといいですね。ただし、コーンスターチだけではベーキングパウダーの代用にはならないのでご注意ください。

作り方は、卵白だけでしっかり角が立つまでメレンゲを作り、溶き卵とチーズとベーキングパウダーを混ぜ合わせたものをメレンゲにざっくりと混ぜ合わせ、150~170度のオーブンで40分程焼けば完成です。

クラウドブレッドはアレンジが楽しい!

 (35259)
 
10cmほどの大きさに広げて薄く焼いたクラウドブレッドは、サクふわ食感なので軽食用に使うパンの代用になります。例えばイングリッシュマフィンや手のひらサイズのピザなどの食事メニューにはもちろん、上にホイップやフルーツを乗せればデザートにも変身します。

クラウドブレッドは自分の好きなサイズ感で焼くことができるので、一回り小さめに焼けばクラッカーやビスケットの代わりにもなります。プチトマトやサワークリームなどを乗せてピンチョス風にアレンジすすれば、ワインやビールに合うおつまみにもなりそう。少し大きく焼けばパンケーキのような感じになるので、ホイップやフルーツを交互に重ねてオリジナルケーキも作れそうです。
野菜やハムを挟めばサンドイッチに、生クリームやフルーツを乗せればスイーツに変身するクラウドブレッドは色んな使い方ができます。小麦粉を使ったケーキ類よりも低カロリーなので、生クリームを乗せてもトータル的にはカロリーカットが実現!一度お試しあれ!


thumbnail picture by bonchan/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 思わず心躍る新食感♪グルテンフリーのクラウドブレッドがダイエ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。