大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷蔵庫に入りきらない大きなスイカはどうやって冷やす?効率よく...
2017年08月07日更新

冷蔵庫に入りきらない大きなスイカはどうやって冷やす?効率よく冷やす方法

夏といえばやっぱりスイカ!でも、大きなスイカになると「半分に切ってから冷蔵庫に入れる」という人もいると思いますが、大きなスイカをそのまま冷やせたらもっといいと思いませんか?家でも外でも、「効率よくスイカを冷やす方法」をご紹介します。

大きなスイカを切らずに冷やして感動を!

ThomsonD/Shutterstock (38140)
 
贈り物や実家からの仕送りなどで送られてくる大きなスイカ。「一人じゃ食べきれないからみんなで食べよう!」と思っていても、そのまま冷蔵庫に入れておくのは難しく、どうしても半分に切ってから野菜室と冷蔵室に分けて入れているという人も少なくないと思います。

でも、切り分けられたスイカってどうしても「買ってきたもの」のように見えるし、カットスイカ状態にしてしまうと味は美味しくてもちょっと感動が薄れてしまうことも…。どうせだったら、スイカの大きさを見てみんなで「おーっ!」っと感動してから切り分けたいと思いませんか?

効率よくスイカを冷やすためには流水を使うこと

KPG_Payless/Shutterstock (38141)
 
昔の人が冷蔵庫なんてなくてもスイカを冷やすことができた理由は「水」です。よく、川にスイカを置いて冷やしている光景なんかが目に浮かびます。

しかし、ただ冷やすだけでは効率的な方法とは言えません。例えば、水をはったタライの中にスイカを入れているだけだと、日差しによって水が温められて水温が高くなってしまうのでスイカは冷えるどころかぬるくなってしまう原因になります。

ポイントになるのが「流水」と言う点です。川でも石で囲って水の流れを止めるのではなく、いつでも冷たい水に当たるように泳がせておくこと。ネットやタオル、手ぬぐいなどで包んでおくといいでしょう。実はこのタオルを使うというのも一つの重要なポイントなんです。

家でも効率よくスイカを冷やすには「流水&タオル」

TAGSTOCK1/Shutterstock (38142)
 
スイカは水に浮いてしまうので、ムラなく全体を水で冷やすことが難しいのですが、タオルを使って全体に水が触るようにするだけで効率よく冷やすことができるんです。

タオルや手ぬぐいはしっかり結んで置かないと流れて行ってしまいますが、タライの中だったら特に心配は要りません。自宅でスイカを冷やすときは、清潔なタライやバケツにタオルで包んだスイカを入れて、タオルに当たるように水を流し続けるだけでOK。

氷の入ったクーラーボックスを使って冷やすこともできます。このときもタオルを使ってスイカを包むと効率よく冷やすことができます。流水を使うのが難しいときは、氷水の中で時々スイカを回してあげるとより効果的かもしれません。
お風呂場などでスイカを冷やせば、使った水は洗濯用に使い回すことができるので経済的です。外で冷やす場合は、できれば日陰に置いた方が良いでしょう。打ち水効果で庭もひんやりしそうですね。大きなスイカを冷やすときは、タオルを使った方法で試してみてくださいね。


thumbnail picture by Michal – MPstudio/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 冷蔵庫に入りきらない大きなスイカはどうやって冷やす?効率よく...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。