大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • 夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った”冷え冷...
2017年08月12日更新

夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った”冷え冷え”夏おでん

【動画】スープを吸った手作りがんもどきと今が旬の夏野菜が美味しい”冷え冷え”夏おでん!がんもどきはすりおろした山芋を入れることでふわふわな食感になりますよ♪夏おでんは和がらしよりも柚子胡椒を付けるのがオススメです!

夏野菜たっぷりで、色鮮やか♪

 
おでんといえば熱々で冬の寒い日に食べるイメージですが、今回ご紹介するのは夏に食べたくなる冷え冷えおでん!
がんもどきは山芋を入れることでふわふわな食感に♪
トマトやオクラ、みょうがなどの旬の夏野菜がたっぷり入っているので、色鮮やか!
食欲がなくてもさっぱりいただける夏おでん、よ〜く冷やしてお召し上がりください!

夏おでんの材料

〈がんもどき〉
・木綿豆腐…1/2丁
・山芋…30g
・きくらげ…適量
・枝豆…16粒
・にんじん…1/10本
・塩…ひとつまみ
・砂糖…ひとつまみ

・ゆでだこ…200g
・トマト(小)…2個
・オクラ…4本
・ヤングコーン…4本
・なす…1本
・みょうが…2個
・卵・1個
・出汁…600ml
・醤油…小さじ1と1/25
・みりん…大さじ2
・酒…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・砂糖…小さじ1/2
・粉寒天…2g

つくり方

1. トマトをさっと茹でて氷水に入れ、皮をむく。
2. 1で使った鍋に塩(分量外)を加え、ヤングコーン・オクラを塩茹でする。
3. 卵を茹でる。
4. 水切りした木綿豆腐を手で崩しながらボウルに入れる。
5. すり下ろした山芋・枝豆・千切りのにんじん・きくらげ・砂糖・塩を加えて混ぜ合わせる。
6. 4等分にして丸く成型し、180度の油で色がつくまで揚げる。がんもどきを揚げている途中で、皮を剥き縦半分に切ったなすも一緒に揚げる。
7. ミョウガは縦半分に切る。
8. 鍋に出汁・醤油・みりん・酒・塩・砂糖を入れ、火にかける。
9. 沸騰したら200ml取り分けておく。
10. がんもどき・なすを加え、1分程煮立てる。
11. 弱火にし、ゆでだこ・ゆで卵・トマト・ヤングコーン・オクラ・縦半分に切ったみょうがを入れ、落し蓋をする。
12. 1分程火にかけたら耐熱容器に移し入れ、具材が浮いてこないよう落し蓋をする。
13. 粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。
14. 9で取り分けておいた出汁(200ml)・粉寒天を鍋に入れ、沸騰させる。
15. 器に移し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
16. 固まったらフォークで細かくクラッシュする。
17. 12を器に盛り、16を上からかければ完成。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • グルメ
  • 夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った”冷え冷...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。