大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • グルメ
  • カビチーズは青カビ・白カビの2種類。プロセスチーズに生えたカ...
2017年10月28日更新

カビチーズは青カビ・白カビの2種類。プロセスチーズに生えたカビは食べられる?

ブルーチーズやカマンベールチーズに代表されるカビの生えたチーズですが、一般的なプロセスチーズに生えたカビは食べられるのでしょうか。カビチーズの種類を紹介しつつ、気になる疑問にお答えします。

味が濃厚で独特の風味がある青カビチーズ

Valentyn Volkov/Shutterstock (39484)
 
カビの生えたチーズ、と聞いて、ゴルゴンゾーラ、スティルトンなどを思い浮かべる方も多いでしょう。これらは「青カビチーズ」にあたって、切り口部分にカビをつけたスタイルにて出荷されます。

このカビを取り除く必要はなく、そのまま丸ごと食べられる種類です。塩気が多い種類が目立つため、蜂蜜と混ぜてマイルドにするのがおすすめ。洋梨やぶどうなど果物と合わせるのも、相性がいい組み合わせです。

青カビ特有の香りと風味を楽しむため、そのままパンにのせて食べるスタイルも人気があります。

とろける食感が楽しい白カビチーズ

Photoroyalty/Shutterstock (39485)
 
カマンベールのように表面が薄い白カビで覆われている種類を「白カビチーズ」と呼んでいます。国内で市販されているカマンベールチーズは表面のカビも一緒に食べられるため、ブルーチーズと同じように楽しめます。表面のかたい食感、中の濃厚なとろける味わいが一体化するのは白カビチーズの特徴です。

贅沢にカットしたものをカナッペにして頂くなど、ある程度の大きさで食べると満足度が高まります。白カビ部分が苦手な方は、表面を軽く削ぎ落として食べるとマイルドです。

とろけるやさしい食感のチーズになって、そのままでも贅沢なおつまみができます。どちらが正式な食べ方というわけではないので、お好みで選択すれば大丈夫です。ワインやシャンパンとの相性で選ぶのも一案ですから、秋の夜長の晩酌のおともにいかがでしょうか。

プロセスチーズにはえたカビは取り除く

Africa Studio/Shutterstock (39486)
 
防腐剤を使っていないチーズにカビが生えたら、該当部分を取り除きます。青カビ、白カビなどと違ってあえてはやしたものではないため、そのまま食べるのは控えてください。5mmほど取り除いて「おいしい」と感じるようなら、食べても大丈夫と言われています。ただ、製造方法や保管方法によって判断が変わってくるため、不安な場合は問い合わせましょう。

苦みが強い、アンモニア臭が気になるなど「腐敗」を感じさせる兆候がでていたら、丸ごと処分をおすすめします。チーズは生ものですから、賞味期限内でも腐ってしまうこともあるもの。冷蔵庫に入れるまでに時間がかかった、常温で放置したなどあらゆる要素で保管期限は変わってきます。
製造方法や種類によって味わいが異なるところは、チーズの大きな魅力です。いろいろな種類を用意して、食べ比べするのもいいでしょう。青カビ、白カビ、白カビチーズの周囲を取り除いたものなど複数種類を用意して、チーズパーティーなどいかがでしょうか。


thumbnail picture by Y Photo Studio/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us
youtube:www.youtube.com/videliciousness
Facebook:videliciousness

  • Grapps
  • グルメ
  • カビチーズは青カビ・白カビの2種類。プロセスチーズに生えたカ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。