大人女子のためのWebメディア
検索
2016年01月29日更新

恨みの念が消えないあなたへ〜あなたの心の浄化法

誰かを恨んで苦しんでいるあなた。人を呪はば穴二つ。人を恨むのはよくないです。恨みの念が消えないあなたへ。あなたの心を浄化する方法をお教えします。恨みを解消して、幸せな生活を送りましょう。

42294376_s

あなたはいま、誰かを恨んで苦しんでいませんか?

酷い裏切りをした元カレ、女友達、あなたを陥れようとする同僚…相手は誰でも、人を恨む気持ちを持ち続けることは自分自身もとても苦しいものです。「恨みを捨てたい」と思っても、受けた仕打ちを思うと悔しくて恨みの念が湧いてきてしまう…怒りが止まらない…そんな気持ち、感情を浄化して幸せになりませんか?

 

「人を呪わば穴二つ」という言葉の怖さ

これは昔のことわざで、「穴」とは人を埋めるお墓のことです。誰かを恨むと、その恨みの念が自分に返ってくるという意味ですね。

人を恨むなら、自分もその恨みの念を直に受けるつもりでいなさいということです。

 

この意味について説明します。

人の念とは、「対・誰か」であると同時に、「対・自分」でもあります。誰かの幸せを想って幸せな気持ちでいる人は自分にもその念が返って来て幸せになりますが、人を恨んでマイナスな念を持ち続ける人には不幸が天から落ちてくるのです。

 

とても恐ろしいと思いませんか?

「念」には、方向性が人だけではないのです。例えばあなたが酷い仕打ちをした元カレを恨んでいる「念」を持っている場合、あなたは「自分を恨んでいる」のと同じなのです。

 

「念」とはエネルギーを持った気だと考えて下さい。

あなたがマイナスの念を念じ続ける限り、それはあなたを不幸にしようと働き続けます。その恐ろしさは昔の人が言うように、人を恨むのなら自分もその恨みの念を受ける覚悟でしなさい、ということなのです。

 

心を洗ってしまいましょう

どうしても許せないことって…あるものです。
でも、「自分のために」心を浄化してしまいませんか?

あなたを酷く扱った人のことをいつまでも恨んでいても、あなたが不幸になるだけならつまらないと、口惜しいと思いませんか?それならいっそのこと、「許す」のではなく、その恨みを捨ててしまいましょう。

捨て方としておススメなのは、恨みの念を燃やすイメージで頭の中で思い切り恨みを爆発させ、涙を流して口惜しさを感じましょう。そして、ひとしきり泣き終わったらその頭の中の念に火を点けて燃やすイメージングをして下さい。

最後に、「あんなヤツのために不幸になるもんか!私はあいつの100倍幸せになってやる、絶対に苦しめられた分の100倍はもとをとってやる!」と決意します。

 

普段の生活の中で恨みの念が湧いてきたら、「自分に降りかかる、バカらしいそんなこと!」とその念を打ち消すようにします。

人を恨んでいいことは何も起こりません。なんだかやられ損で悔しい気持ちもありますが、いい意味で計算高くなることです。「自分が不幸になる念なんて持っていてもバカを見る、あんなヤツどうでもいい、私は私のことがいちばん大事なんだ」と繰り返し「自分に対して」念を送り続けることが大切です。

 

浄化を心掛けると何が変わる?

まさしく、あなたが変わります。

あなたがプラスに変わるということは、あなたの人生が変わるということです。恨みの念を持ったまま生きる人生から、すがすがしい心と気持ちで生きる、そして素敵な人ばかりがあなたの周りに集まる人生に変わります。

 

どうしても恨みの念が捨てきれない人はそれをプレッシャーに感じる必要はありません。それだけ酷い仕打ちを受けたということですから、それすらも包み込んでしまいましょう。「私は少しずつ心を真水のように透明にするんだ」と思うだけでも全然違うんです。ただ、気をつけたいのは自分に無理を強いて心のバランスを崩すこと。

恨みの念を燃やして泣く行為は何度やっても構いません。スッキリしてくるまで回数が必要な方ももちろん多くいます。大切なのは幸せになる意志。あなたの人生を幸せに出来るのは、あなただけなのですから。

 

「幸せ」が好んで寄ってくる女子とは

「笑顔」。これです。

普段からいっぱい笑うこと。笑うためにたくさんお友達と笑うこと!たくさんお酒を飲んで羽目を外してもいいし、カラオケで踊りながらバカになってみても問題なし!!!たっくさん「笑顔」をあなたの可愛いお顔に飾ってあげて。

そうすると、自然とあなたの周りにいいことばかりが起きるようになります。そうです、恨みの念と反対の念を、幸せの念を発しているから、人をも自分をも幸せにする女子になれるんです。

そんな女子をいい男が放っておくと思いますか?モテる女は美醜じゃありません。笑顔で幸せそうな女子が、男子に選ばれるんですよ!頑張れ!幸せになりましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

40代の恋愛・婚活専門ライター。タイ・バンコクの新聞社にて6年間コラムニストとして活躍の後、日本へ本帰国。独自の婚活方法で特別国家公務員の妻となる。アラサー女子の恋愛・婚活を独自の視点から分かりやすく解説し、婚活に悩める女子を真の幸せに導きます。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。