大人女子のためのWebメディア
検索
2017年12月22日更新

【12月22日は冬至】冬のハーブ「柚子」で美しく健やかに

今日は、一年で一番夜の長い冬至です。太陽の高さが一年で一番低く、陰の気が一番強い日。今の季節は、黄色く香りの豊かな柚子が沢山出回ります。飲食だけでなく、入浴や芳香浴を楽しみ、美しさと健やかさを保ちましょう!
【12月22日は冬至】冬のハーブ「柚子」で美しく健やかに

今日は、一年で一番夜の長い冬至です。太陽の高さが一年で一番低く、陰の気が一番強い日。

古代ヨーロッパでは、「Yule(ユール)」という冬至のお祭りが行われていました。冬至の次の日から少しずつ陽が長くなるので、太陽の「死と復活」を表すお祭りで、キリストの生誕祭であるクリスマスにも関係しています。

 

これからの時期にぴったりな和ハーブ「柚子」

日本では、南瓜を食べて柚子湯に入る習慣がありますね。冬至にはぜひ柚子湯に入り、無病息災を願い、邪気を払って福を呼び込みましょう。柚子湯は、身体を温め血行を良くするので、冷え性や風邪予防、疲労回復効果があるだけでなく、乾燥した肌に潤いを与え、肌トラブルを防ぐので、冬至だけでなく、寒さが増すこれからの時期にぴったりな和ハーブです。

柚子の、さわやかな香りと苦味のある甘い風味は、ストレスを解消し食欲を増進させる他、解熱作用もあります。

料理だけでなく果皮は、入浴剤やハーブティーとしても使用できます。

 

柚子湯の方法

柚子湯にする時は、半分にカットして布袋やガーゼで包み、お風呂に入れます。刺激があるので、傷がある時は避け、お子さんに使用する時は、切らないで入れると良いでしょう。

柚子湯をさらに効果的にするハーブを加え、ハーバルバスを楽しみましょう!

 

~リラックスしたい時~

心身の緊張をほぐし、リラックスさせるラベンダーをプラス。

 

~冷えが気になる時~

リラックスさせ、血行を良くするジャーマンカモミールをプラス。

*全身浴、半身浴の際は、総量20gを目安にします。塩を加えて20gにしても良いですし、アロマオイル1、2滴を加えても良いでしょう。

*刻んだ柚子の皮とハーブを布袋やお茶パックに入れてお風呂に入れます。(煮出した濃いめのハーブティーでも可)

*直接肌に触れ、成分を肌から吸収するので、農薬を使わないで育てられたものが理想的です。

*体調や体質によっては、合わない事があります。肌へのトラブルを感じたら使用を中止しましょう。

 

今の季節は、黄色く香りの豊かな柚子が沢山出回ります。

飲食だけでなく、入浴や芳香浴を楽しみ、美しさと健やかさを保ちましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。