大人女子のためのWebメディア
検索

親子リンクコーデの悩みを解消♡木下優樹菜さんにコツを聞いてみた!

「娘とおしゃれを一緒に楽しめたら…♡」いざ、ママになってみると意外と難しいのが親子リンクコーデ!そこで今回は2人の女の子のママ、木下優樹菜さんにコツを聞いてみました!ポイントさえ抑えれば簡単かも!?

Photo:atpress.ne.jp

「いつでも家族で出かけるときはリンクコーデ!買い物するときからリンクを意識して選んでます。」と木下優樹菜さん。
2012年に長女・莉々菜(りりな)ちゃんを出産、2015年には次女・茉叶菜(まかな)ちゃんを出産し、今では2児の母!
おしゃれな木下さんに親子リンクコーデのコツを聞いてみました♡

意外と難しい!?親子リンクコーデ

親子リンクコーデ、とても可愛らしく”幸せの象徴”でもありますが、いざやろうとしてみると意外と難しい…!
冒頭での木下さんのコメントの通り、買い物するときから意識してアイテムを選ぶのもポイントのひとつなんですね。
木下さんは女の子のママ、今回は女の子とのリンクコーデのポイントを紹介してくれます。
「全身おそろいもいいけれど、トレンド要素を1点ポイントに!」とのこと。
確かにママと娘のお揃いアイテムもありますが、そこまでバリエーションが豊富ではないので、好みやサイズを考えると同じものを購入するのは難しいかもしれません。
全て同じ…とまではいかずとも、木下さんの様に、トレンド要素をメインにコーデを組むことでおしゃれなリンクが完成するんですね♡

リンクコーデルール

Photo:atpress.ne.jp

まず、親子リンクコーデ初心者の方に覚えてもらいたいルールは2つ!


RULE#1【旬の注目カラー!マスタードでカラーリンクする】
ママはスカートに、ベビーはトップスに取り入れて。カラーでリンクのときは、ママとベビーでアイテムを替えると抱っこのときもバランス良し!

 

RULE#2【デニムリンクはクセありデザインでアカ抜ける!】
パンツでもヘムにアクセントがあったり、デニムシャツでもフリル付きにすると、こなれ感アップ間違いなし! 

ママの頼れるプチプラショップを活用!

ママは来年も着られても、娘は成長して着られなくなるかもしれないからこそ、やりくり上手なママたちの相棒ブランドを最大限に活用したいリンクコーデ。
カブり率No.1のUNIQLOから家族みんなでお買い物できるモール系に新進webショップまで隅々までチェックして賢くリンクコーデを楽しみましょう♡

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。