大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 宋 美玄 悩める女性の処方箋「カップルは同じシャンプーを使う...

宋 美玄 悩める女性の処方箋「カップルは同じシャンプーを使うと性的魅力を感じなくなる!?」

このコーナーでは、産婦人科医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に、女性の悩みについてお話をお聞きしました。 最近よく聞くのが、関係が冷えきっているわけでもなく、普通に仲がいい、でもセックスだけがないというカップルの悩みです。そんなカップルに日常生活に取り入れてほしいのが、嗅覚を使ったセックスアピール。
宋-美玄先生の悩める女性の処方箋

仕事に恋愛に自分磨きにと忙しい毎日を過ごす女性たちには、抱える悩みがいっぱい。

特に20代後半〜30代前半にかけて、カラダの変化に戸惑う女性も多いです。肌あれ、生理痛、疲れやイライラ、冷え性、便秘、腰痛、むくみなど…

このコーナーでは、産婦人科医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に、女性の悩みについてお話をお聞きしました。 

 

最近よく聞くのが、関係が冷えきっているわけでもなく、普通に仲がいい、でもセックスだけがないというカップルの悩みです。特に一緒に生活をするパートナー(夫婦・恋人)に性的魅力を感じられなくなってしまう人も多いです。
そんなカップルに日常生活に取り入れてほしいのが、嗅覚を使ったセックスアピール。

 

最近は制汗剤や香りつき柔軟剤の種類が増えて、一般的に体臭に敏感になっていますよね。

でも、セックスにおいては、五感はとても重要で、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の中でも、嗅覚をあなどってはいけません。

脇の下や陰部にあるアポクリン汗腺から分泌される汗こそ、性的な興奮を促します。

かすかな体臭はセックスアピールになります。

シャンプーやボディーソープを共用しない 

生活の中で工夫次第でコントロールできる嗅覚は意外とあります。

例えば、日常的に使うバスグッズ。

一緒に住んでいる夫婦・恋人なら、女性が選んだものを男性も一緒に使っていることが多いのではないでしょうか。

これが大きな落とし穴です!

 

同じ香りをまとうとカップルが同化してしまいます。

自分の香りが相手に移り、落ち着きを感じるかもしれませんが、新鮮味はなくなり、ましてや性的な興奮の材料にはなりません

自分が女で、相手が男だと意識できる香りをまとう 

同居カップルにも、香りの違うバスグッズを使うことをオススメします。

男性はさっぱりしたシトラス系、女性は甘いフローラル系にするだけでも、相手を香りで意識するし、性差を感じられるようになると思います。

他には、お風呂あがりに使うボディローションなども取り入れやすいのでは。

 

大事なのは、自分が女で、相手が男だと意識できる香りを日常生活にさりげなく取り入れることです。 

些細なことのように思えますが、嗅覚の効果は大きいのです。

 

参考文献:宋 美玄「ずっとずっと愛し合いたい

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
産婦人科女医・性科学者。 1976年、兵庫県神戸市生まれ。2007年、川崎医科大学産婦人科講師に就任。2010年、イギリス・ロンドン大学病院に留学し胎児超音波を学ぶ。2010年から国内の病院にて産婦人科医として従事。2012年1月に第1子を出産 主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)、「女医が教える これでいいのだ! 妊娠・出産」(ポプラ社)、「女のカラダ、悩みの9割は眉唾」(講談社プラスアルファ新書) など。 産婦人科はもちろんセックスに関する診療カウンセリングを行う。 セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行なっている。■宋 美玄HP http://www.puerta-ds.com/son/
  • Grapps
  • 恋愛
  • 宋 美玄 悩める女性の処方箋「カップルは同じシャンプーを使う...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。