大人女子のためのWebメディア
検索

彼とのセックスは〇〇の日に!生理周期に合わせたセックスの楽しみ方

無性にムラムラしてセックスしたくなる日もあれば、全然”その気”になれない日もあったり・・・。女性の性欲には波があるもの。実は、これは偶然ではなく、女性ホルモンに原因があるのです。今回は、生理周期に合わせたセックスの楽しみ方をご紹介します。これを試せば、彼とのセックスがより気持ちよく感じて、2人の絆も深まるでしょう。

彼とのセックスは〇〇の日に!生理周期に合わせたセックスの楽しみ方㈰
無性にムラムラしてセックスしたくなる日もあれば、全然”その気”になれない日もあったり・・・。女性の性欲には波があるもの。実は、これは偶然ではなく、女性ホルモンに原因があるのです。

そこで今回は、生理周期に合わせたセックスの楽しみ方をご紹介します。

これを試せば、彼とのセックスがより気持ちよく感じて、2人の絆も深まるでしょう。

 

1週目:生理中・・・×

生理中は一番感度が低い時期です。

なぜなら、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少するからです。

また、生理中は免疫力が低下しているのでので、セックスにより膣内が炎症してしまう可能性もあります。

しかし、スキンシップは大切!

この時期は、お互いの体をマッサージするなどして気持ちをリラックスさせるといいでしょう。

 

2週目:生理終了後~排卵・・・◎

生理が終わってから排卵までの一週間は、1番感度が高い時期です。

肌の調子が良かったり、体が軽かったり…こんな感覚を体験している女性も多いのでは?

この時期は性欲ホルモンが増えるので、ムラムラしやすくなり、感度も高くなります。

つまり、“体調バッチリ&気持ちいいセックスができる”という最高の1週間なのです。

そして、中でも一番感じやすいのは「排卵日」です。

排卵日は一番妊娠しやすい日でもありますよね?

実は、女性の体は、妊娠しやすい日にセックスがしたくなるように、できているのです。

色々な体位を試すなどして、お互いが気持ちよくなるセックスを積極的に探ってみるといいでしょう。

 

3週目:排卵後一週間・・・△

この時期はセックスの感度はあまりよくないです。

プロゲステロンの分泌が増え始るため、イライラしたり、食欲が増えたりしがちです。

また、妊娠しやすい排卵日もすぎているので、性欲があまりわかないのです。

この時期は、触れ合いなど心身ともに癒される行為を好むようになります。

 

4週目:生理一週間前〜生理前日・・・〇

生理直前になると、セックスの感度は少し高くなります。

プロゲステロンとエストロゲンの分泌が急激に減少するため、頭痛や便秘、イライラなどの不調が起こるのもこの時期。

その一方で性欲ホルモンは増加します。

つまり、”体はダルいけど、ムラムラする”という状態になるのです。

気持ちいいセックスをして、心身のダルさから解放されましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

女性特有のリズムを把握することで、より良いセックスができるようになります。

彼氏にそれとなく周期を教えてあげるのも、有効かもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
恋愛コラムニスト。10代で「話を聞かない男、地図が読めない女」を読んだことがきっかけで、男女の脳の違いが恋愛に影響をもたらすことに興味をもつ。その後も、恋愛心理学や恋愛テクニックの学びと実践を繰り返す。現在は実体験をもとに、多くの女性が恋愛で幸せになるための恋愛コラムを執筆中。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。