大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 話題の“婚活ツアー”は女子には超おトクだった!(佐賀・前編)...

話題の“婚活ツアー”は女子には超おトクだった!(佐賀・前編)/県別男子のオトシ方・番外編

県別男子の落とし方_n

「結婚したい」「だけど出会いがない」とお嘆きの皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

結婚を視野に入れて誰かと知り合いたいけど出会いがない……そんな人のために、最近は各都道府県や市町村などが婚活支援を行っていると以前当コラムでも書きました。

 

その中でも今年増えた企画が、地方在住の男性と首都圏や関西圏の女性をマッチングする泊まりありのツアー。「興味はあるけど、ガチすぎるのでは?」「参加男性はどんななの?」そして、「地方暮らしってどうなの?」と思われる方もいるでしょう。そこで、実際のところどうなのか、先日佐賀で行われたツアーに同行してまいりました。

佐賀県番外編

一泊2日で参加費は1万円台!

同行したのは、『九州男児と出会う夏』というタイトルのついた1泊2日のツアー。男性は漁業など第一次産業に従事する人が中心で、年齢幅は20~40代。土日を利用したツアーは、成田空港から佐賀への往復航空代金と温泉での宿泊費、さらに3食がついてお値段は1万4800円。初参加者にはさらなる割引もあったというので、まずはお値段に驚きです。実際、佐賀県の支援が入っているので実現できているのでしょうが、今から秋にかけては各都道府県や市町村で同じようなツアーがこれまたリーズナブルに企画されていますので、気になった女子はウェブなどでチェックしておくといいでしょう。

なお、今回の主催は、婚活を地方創生などと組み合わせて地域を活性化していこうとする『ミライカレッジ』というプロジェクトで、実務は結婚相手紹介大手のツヴァイさんが担当してました。

ミライカレッジ:九州男児と出会う夏

 

参加女子は20~40代

さて、内容です。申し込みを済ませたら、当日の朝10時台に成田空港カウンターに集合。チケットを受け取ると一緒に行程表と参加者のプロフィール一覧が手渡されました。そして、翌日の夕方まで一緒に旅をする女性陣とも対面。今回の参加者は男女ともに各10名でしたが、男性一人に病欠が出たので直前に9名となったそう。

その男性版には、参加者の名前と自己紹介、佐賀の紹介などのほかに年齢も記されていましたが、女性版には年齢は書かれませんでした。これならば妙齢の女性でも安心して参加できそうですよね。

ちなみに、パッと見た印象では女性は20代から40代が中心。シングルマザーの方もお一方、お子様を連れて参加されていました。

佐賀ツアー_集合写真

スタッフに聞いたところでは、「参加男性の平均年齢は20代後半、女性は30代後半」で、「およそ10歳開きがあります」とのことでしたが、「前回の第一回佐賀ツアーで成婚した最初のカップルは、男性が27歳で女性が37歳でした」というので、もしかしたら地方のツアーでは、通常の婚活の場面でより、年齢にとらわれることなく異性と接することができるのかもしれません。

 

男性がイケメンぞろい!

機内では、佐賀の地図や見どころなどを眺めつつゆっくり過ごしていたら、あっという間に佐賀空港に到着。スタッフの方に同行して、到着ロビーに先回りすると、そこには女性を迎えようとする男性陣がスタンバってました。

「誰かにお話を聞いてもいいですか?」とスタッフさんに尋ねると、「はい、斎藤工似の男性と、日焼けしたサッカー男子さんはテレビの取材もOKでした」というので、「斎藤工! ……まあ、そういう顔だちってことよね」と、こういう場面にありがちな「盛った表現だろう」と思いきや、なんと本当に斎藤工そっくりなイケメンさんがいたので驚きました。しかも斎藤工なのに、気取ってなくてフレンドリーなのですよ。佐賀男子さん、いきなり好印象です。

しかも、さらに横をと見やると、日焼けしたさわやかなイケメンさんたちがずらりそろっているではないですか。しかもサッカー男子さんにも話しかけるとにこやかに対応してくれて……「いったい佐賀はどうなっているのか」と目を見張ったのでした。

 

地方男子はピュアで真摯!

そういえば、県別男子のオトシ方・佐賀編でも、佐賀男子は「イケているけど、中身ピュア」「しかも謙虚」と書いていましたが、実際にそうなのだと感じました。

もちろん、地方ツアーに必ずしもイケメンがいるというのではないでしょうし、「イケメンだからなんなんだ」という話になるとも思うのですが、少なくとも「わあ、お話してみたい♡」と思えるような独身男性が地方にはまだまだたくさんいて、しかも独身女子をウェルカムな姿勢で迎えようとしてくれるというのは心強いと感じました。

しかも、その後お話しした感じでは、性格はピュアな方が多く、今回のように第一次産業についている方は特にそうなのでしょうが、仕事に対して真摯で各々意見を持っており(素敵☆)、行動もしていて、生き方……つまりは結婚ライフなどについても真剣に考えようとしていると感じました。そして、こんな人たちが地方にたくさんいるという事実を知るのはやさぐれかけた都会女子には希望のひとつになるのではないかとも思いました。

 

……ということで、出会いを求める女子の皆さまにめちゃくちゃ推薦したい“婚活ツアー”、さらにオススメなポイントがあるので、続きは後編で書こうと思います。

 

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • 話題の“婚活ツアー”は女子には超おトクだった!(佐賀・前編)...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。