大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • お願い下手の女性こそバレンタインデーを活用しよう!/オトナ女...
2017年02月01日更新

お願い下手の女性こそバレンタインデーを活用しよう!/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第三十一回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈る人気コラムです。今回は「バレンタインをきっかけに素敵な男性に近づく方法」についてご紹介します。
にらさわ


幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

2月に入って、街はバレンタインモードが高まってきましたね。「あげたいけどあげる人がいない」という方は、「自分用に」「女子会用に」買ってしまいたくなるものですが、その行動、ちょっと待ったです。

バレンタインをきっかけに素敵な男性に近づいちゃいましょうよ。

男性の力を借りるのが大事

そもそも恋の成り立ちには、「女性が困って」→「男性が助ける」という王道パターンがあります。男性が女性を助けると、「女性が男性に感謝する」→「男性が俺ってイケてるじゃんと思い、その女性のヒーローになる」&「その女性をほっておけなくなる」という流れが成り立ちます。

すると、かなりの確率で男性は女性から目が離せなくなり、「気になる」→「恋に落ちる」という段階に向かってゆけるのですね。

だから、女性は男性に何かをしてもらったら、「お返し」を考えるよりも彼を称賛し、信頼することこそがとても大切ですし、気になる男性がいたらみずから彼を頼って力を貸してもらうと恋に発展しやすいです。

お願いこそ恋の立役者

とはいえ、特に「頼ることがない」というのが普通の関係でしょう。

恋愛上手な女性なら「お願いをする」「相談をする」などの方法が取れましょうけれど、苦手な者にとっては「なにげないお願い」なんてもってのほか。ハードルが高すぎて、「何をお願いされたいかを教えて」という相談をしたいところでしょう(そんな相談をしたら、たいていは「特にないですよ、ありがとう」などと言われて終わりそうですし)。

でも、今季節はバレンタイン。恋の苦手な女性にも、お願い下手な女性にも追い風が吹いているのです。それは「チョコをもらってもらう」というお願いが男性にできるからです!

シングルにチョコをもらってもらおう

この場合の基本姿勢は、こうです。

「あなたはチョコが買いたいけれど、あげる人がいないので買えない。せっかくこんなに街中が盛り上がっているので寂しい。……そうだ、Aくん、私からチョコをもらってくれないかなあ、お願い」――というていで男性にお願いするのです。

この場合の要は本命の男性に恥ずかしくて言えない場合でも、「告白したい」わけではなくて、「チョコが買いたい(世のブームに乗りたい)」が、お願いの趣旨なので、恥ずかしさが減るということです。

さらに、特に気になる男性にでなくても、だれかれ構わずお願いできそうなこと、つまり、対象を限定しないのもオススメのポイントです。

チョコきっかけに仲良くなろう

実際、男性の側だって「もらえるならもらいたい」と思っている人がほとんど(@当社調べ)。

しかし「好きでない女性からいきなり本命チョコは重い」という声が多いのも事実。そこで、この「チョコを買いたい女ゴコロに手を差し伸べてもらう」作戦がとても有効なのですね。

もしも、あなたが無類のチョコ好きなら、この作戦はさらに有効です。だってあなたはチョコが買いたくてたまらない人なのですから。

さらにこの作戦の肝は、「男性が甘いモノ好きやチョコ好きでなくても問題ない」という点です。だって、別に男性にチョコを食べてもらいたくて買ったのではないわけですから。

だから、「チョコが嫌いな彼に何をあげればいいんだろう?」と悩む必要すらありません。

チョコはあなたが食べちゃえばいい!

それどころか男性がチョコ嫌いなら(いえ、チョコ嫌いでなくても)、買ったチョコはあなたがもらってもいいくらい。「これ、美味しそうなんだよ」「食べたいなー」と素直に告げれば、男性は「じゃあ、キミが食べれば?」と言ってくれるハズ!

なので、本気であなたが食べたいチョコを選ぶといいでしょう。もしも、全部もらえなくても「半分こしよう」と言ったら、たいていの男性は分けてくれますよ。

さらにチョコのお礼として、ご飯やお茶をご馳走してくれるかもしれません。そしたら笑顔で言いましょう。「○○くんにお願いしてよかった!」と。

これで男性のあなたに対する好感度はぐぐっとアップします。そしてこれをきっかけに「なにかあったら頼らせてもらう」関係を築いていきましょう!

まとめ

・バレンタインデーは、チョコをあげる日ではなく「チョコを買わせてもらう日」にしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • お願い下手の女性こそバレンタインデーを活用しよう!/オトナ女...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。