大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第四十六回目。
2017年02月03日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第四十六回目。

西山繭子さんの人気連載コラム「それでも恋がしたいんだ!」。第四十六回目の今回は、最近参加した合コンについて、ご自身の経験を踏まえ、独自の視点からの考察をご紹介しています。
それでも恋がしたいんだ

 

先日、久しぶりに合コンなるものに行ってきました。

 

芸能人の方々はよく「食事会」と表現しますが初対面の男女がそれなりの人数集まってわいわいやるのは、まぎれもなく合コンです。

だから私は正直に合コンって言います。

 

良い人に出逢いたいというよりも合コンというイベント自体にわくわくしていた私、どうせならとことん楽しもうということで数日前には「モテメイク」「モテ服」をネットで検索。

色々と調べた結果、世に溢れるモテ指南というのは10代、20代限定であることにおばさんは気づきました。

パステルカラーのワンピースも頬にのせる赤いチークも、アラフォーがやったらモテるどころか危険人物。

 

これはいつも通りに行くしかないなと思った私ですが、せめてもとRMKでグロースティックを購入。

こちら、潤い不足のアラフォーの肌にツヤを与えてくれます。

 

 

当日、寒風の吹き荒れる中、ツヤツヤ顔のおばさんはうきうきと店へと向かいました。

 

王様ゲームとかやるのかな?

ツイスターゲームとかやるのかな?

 

メンバーはこちらは中高大の同級生、あちらも中高大の同級生で年齢は男性陣が3つほど上。

みなさんとっても紳士な方々で同年代らしく会話もはずみ、それはそれは楽しい宴でありました。

 

私、自分が結婚できない理由はまあわかるんですけど、40代前半でこんなにナイスガイな独身がいることに心底驚きました。

本人たちも結婚願望があるのに、本当に謎だわ。

 

私の愛するニューキッズオンザブロックの話にも「懐かしいなあ」と耳を傾けてくれて、じゃんじゃん空くワイングラスも満たしてくれて、なんて楽しい夜だとにんまり。

王様ゲームもツイスターゲームもない大人な合コンでありました。

 

そして宴もたけなわとなった時「またみんなで集まるのにグループLINEやろうよ!」となりました。

「あたし、LINEやってないんです」とガラケーを見せたところ男性陣は「そっかあ」と特に残念がる様子もなく、みんなでグループ登録。

 

SNSもLINEもやっていないと恋はどんどん遠のくばかり。

しょぼーん。

 

もはやツヤだかテカリだかわからなくなった顔で、店をあとにしたのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第四十六回目。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。