大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 産みたいけど産めない…結婚している夫婦が中絶する3つの理由か...
2017年02月27日更新

産みたいけど産めない…結婚している夫婦が中絶する3つの理由から学ぶこと

不妊治療に励む夫婦もいる中、自然に妊娠したにも関わらず中絶という選択をする夫婦もいます。今回は、既婚者が中絶する理由についてのお話です。

結婚している夫婦が中絶する3つの理由

不妊治療に励む夫婦もいる中、自然に妊娠したにも関わらず中絶という選択をする夫婦もいます。今回は、既婚者が中絶する理由についてのお話です。

お金と時間がない

ある看護師の話によると、中絶の件数は圧倒的に既婚者の方が多いそうです。
その理由でいちばん多いのが「経済的にも時間的にも子育てをする余裕がない」というもの。
育児と家事に専念できる環境にいる、つまり専業主婦なら違うでしょう。
でも、今は皆さんもご存じの通り“共働きが当たり前”の時代。
妊娠中と出産後の少なくとも数ヶ月~1年程度は収入が減ってしまうことや、働きながら子育てをするハードな環境を想像したら、無理という判断に至ってしまうようです。

これ以上は増やせない

もう1つの理由は家庭によって様々ですが、大きくまとめると「これ以上は増やせないから」というもの。
子どもは1人と決めていた、もう3人もいる、子どもが思春期で理解を得られない、上の子との年が離れすぎる…etc.
なら避妊すれば良いのに!と思う人もいると思いますが、実は避妊していたのに出来たという人は多いようです。
コンドームの避妊率は90%とも言われていて、これは言い換えると“10人に1人は避妊に失敗する可能性がある”ということ。
本当に出産が難しいなら、他の避妊方法を検討した方が良いかもしれませんね。

死産の可能性

先日、資格を持っていない医師による中絶手術を受けた女性が術後1週間ほど経った頃に亡くなるという悲しい事件がありました。
その夫婦の場合は、医師から「赤ちゃんがお腹の中でちゃんと育っていない」という話を聞かされたことで中絶を決めたそうです。
このような理由で中絶に至るケースは少ないかもしれません。でも、誰もが“想定外の妊娠”を理由に中絶する訳ではないということですね。

 

実は10代よりも40代の中絶件数の方が多いというデータもあります。将来のためにも、家族計画や避妊についてパートナーと話をする習慣は必要なのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
30代の女性ライター。 波瀾万丈な人生の経験や、独学で学んでいる心理学的な情報などを元にコラム執筆中。10代の息子をもつシングルマザー。やや古風な考えをもち、ババくさいと言われることもあるが、本人は気にしていない。 ライターより一言「みなさんの心に響くような言葉をお届けしたいです。」 エッセイ・コラム『永瀬節』⇒http://blog.livedoor.jp/nagasenami/
  • Grapps
  • 恋愛
  • 産みたいけど産めない…結婚している夫婦が中絶する3つの理由か...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。