大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • ネット婚活成功のカギは○○を正しく出せること!/オトナ女子の...
2017年04月19日更新

ネット婚活成功のカギは○○を正しく出せること!/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第四十回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回はネットのアプリを使った恋活で彼氏づくりに成功した女性たちに聞いた「成功のポイント」についてご紹介します。
にらさわ


幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。
GWを前に「本気で出会いたい」と思っているみなさまの中には、「ネットの出会いってどうなの?」と気にしている方もいるでしょう。
そこで、今回はネットのアプリを使った恋活で彼氏づくりに成功した女性たちに聞いた「成功のポイント」をお伝えして行きましょう。

Step1.外見を中味と一致させる

まず、スタートで大事なのはプロフィール作りです。
中でも、女性は男性より外見で判断されることが多いので、見た目を表現する写真には気を配りたいところです。
その時に注意したいのが、可愛く撮れているかどうかではなくて、「本来の自分と近いかどうか」…
もっと言うと、自分のキャラクターと一致しているかどうかということなのです。ここは誤解している人も多いので、とても注意が必要です!
というのも、女性は写真となると気合が入ってしまうので、自分本来のキャラクターと違う雰囲気でイケてる風に撮影したり、作りこんだりしがちです。
また、「好まれる女性のイメージ」を調査して、その通りに演出したり、普段の自分でない写真を選んで、「好かれる女性」を目指していまう…。
しかしそれが自分と違うとなると、失敗につながりやすいです。
例えば女性らしいファッションに身を包み、料理をしている写真を載せると、おとなしい女性が好きな男性が近寄ってくるものしれません。
が、それが自分の希望する男性に一致しているかというと「?」ですよね。
自立した女性なのに、おとなしい女性を期待されるなどして、不一致を生んでしまいやすくなる。
失敗しないためには、友達に見てもらうなどして、客観的に選ばれた写真を載せるといいでしょう。

Step2.隠し過ぎない

また、文章でも「自分を正確に出す」のは大事です。不特定多数に見られると思うと、「何一つ情報を出したくない」と考えたくもなりますよね。
でも、成功者たちはみんな、「ええっ、ここまで出すの?」という位、情報を出し惜しみしてなかったです。
正確に言うと、個人が特定できる情報は出してないのですが、「何をやっていて」「どういうことが好きで」「どういうことをしたいか」をはっきり書いているのです。
つまり、「こういうことを書いたら好かれる」「嫌われない」という視点でプロフィールの文章を書いてないのですね。
NG例としては、お花が好きでないのに「花が好き」などと書く行為でしょうか…。
嫌われることよりも、自分を表現することを優先する視点を持つと、自分好みの男性が自然に寄ってくるようです。

Step3.申込にこだわらない

最後は、最初の申し込みを「どちらからするか」という問題です。女性の中には「男性から申し込んでもらわないと意味がない」「結果的に結ばれない」神話を信じている人もいるでしょうが、当研究所の調査では半々。
FBの恋活アプリで出会った彼と結婚したAさん(34歳)は、「自分から好みの男性を真剣に探して申し込みました」。
彼女の恋活アプリ利用は2度目で、32歳の時が最初。別のアプリで出会った男性と付き合うにまでは至ったものの、うまく行かずに仕切り直し。
新しく登録したアプリでは、前回の反省を生かして男性の「スペック」を見るのを止めました。
「イケメンや、高学歴・高収入男子に目を奪われても惑わされないで、趣味や語り口調や食べ物の好みをより重視しました。好みかどうかは会えばわかることなので、付き合い始めてからあとの暮らしが合うかどうかをチェックするのが大切だという気がします」
知り合う前にそういうチェックができるのも、ネットのメリットだということでした。

Step4.好いてくれる人を受け入れる

一方、自分からは「一切申し込まなかった」というBさん(40歳)は、「申し込む」という発想自体、そもそもなかったそうなのです!
「申し込んでくれるだけでもありがたいし、私は自分を好きになってくれる男性が好きなのでそのほうがいいんです」ということで、申し込んできた数人とメールでやり取りを始めると、長文でかなり踏み込んでくる現在の彼氏に遭遇。
「自分も包み隠さず話したし、気になることはなんでも聞きました。私は、ちゃんとやりとりできる人が好きなので、質問に丁寧に答えてくれるところがいいなあと思って会うことに。
実際の彼も想像と変わらなかったので、初日から盛り上がり、会って2回目で付き合うことになりました」
付き合って半年が経過する今も、「彼がいるっていいですね」と嬉しそうに話すBさんもやはり「スペック」にはこだわらなかったそう。
「できないことや好みでない箇所があるのは気にしないようにしました。それよりも、変えてほしいと思ったコトを変えようとしてくれる”柔軟性”があるかどうかが大事だと思います」

…オトナ女子なら誰だって、少なからず自分を持っているハズ。ということは、相手にだって「自分」がある。
ならば、自分を変えて相手に合わせたり、自分のジャスト好みの相手を探そうとするよりは、お互いの「素」を重視し合える関係を目指すのが出会いを成功させるコツと
言えるのかもしれませんよ。

まとめ

・自分の中味を表現できると、恋活・婚活は成功させやすい。

・スペックよりも「ライフスタイル」をチェックするとうまく行く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • ネット婚活成功のカギは○○を正しく出せること!/オトナ女子の...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。