大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十二回目。
2017年04月28日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十二回目。

西山繭子さんの人気連載コラム「それでも恋がしたいんだ!」。第五十二回目の今回は、留学先のイギリスから、睡魔とアラフォーの恋について、独自の視点からの考察をご紹介しています。
それでも恋がしたいんだ

 

マンチェスターで私が通っている学校は私立の語学学校です。

 

世界各国から英語を勉強するために老若男女…、いや「老」はほとんどいない。

今のところ、私が上から3番目にご長寿です。

 

しかしそんなこと気にもせず、毎日調子にのってデニムのミニスカートにリュックを背負ってハイスクールガールを気取って登校しております。

 

生徒たちはそれぞれ入学時期も就学期間も違いますが、月曜入学の金曜卒業というのが通例です。

そのため金曜日は常に誰かが学校を去って行くというわけで、毎週金曜日はフェアウェル・パーティー、つまりお別れ会が開催されます。

 

まず21時ぐらいに寮のキッチンにちらほらと人が集まり始めます。

普段は6人で使っているキッチンに20人ほどが集まり安いビールで乾杯。

おばさんは、美味しいシャンパンにオードブルを楽しみたいところですが、ここは若者に合わせて安いビールでピザを流し込みます。

 

そして0時近くになると「そろそろクラブに行こう!」となるのです。

 

普通だったら完全に寝ている時間。

しかしここは踏ん張って、プライマーク(イギリスの激安服屋)で購入したワンピースに着替え、おばさんもクラブへGO!

 

このクラブがまたすごいのなんの!

ぎゅうぎゅうのフロアでみんなが踊りまくっている中、そこかしこで若い男女がチュッチュしているのですが、もうそのチュッチュのレベルが、それは、ほぼセックスですよね?というディープキスなのです。

 

欧米、南米の若者の奔放さに驚愕しながらも、おばさんは若者に負けじとレッツダンス!

 

ズンドコ、ズンドコしばらく踊っていて、私はこれまでに考えたこともなかったクラブでのルールに気がつきました。

それは知らない男の子と2秒以上目を合わせたらいけないということ。

 

大袈裟ではなく、2秒以上目を合わせるとこちらが誘っていると思われるのです。

そして、踊りながら寄ってきて、私の腰に手を回すと「ヘイ、ベイビー」的な言葉を耳元で囁くのです。

彼らは、私が無視すると「お前から誘ってきたんだろ!?」と不満そうに両手を広げます。

 

そんな中、無視しても拒否してもしつこく私の身体に手を回してくる男がいました。

 

いい加減キレるぞ、ゴラッ!と思った次の瞬間、私の手首をつかみ、しつこい男から引き離すように自分のもとへと私を抱き寄せたのはアンドレ!ではなく、先週もコラムに登場したオスカル!

ああ、胸キュンだよ!

 

「ありがとう、オスカル」

「いや、マユコと踊りたかったから」

 

ああ、これはまさしく恋の予感!

 

しかしこの時、すでに午前3時。

普段ならむしろ起きる時間に近い。

 

20代の彼らと違ってアラフォーの睡魔は嵐のようにすさまじく、おばさんは抗うことができませでした。

「送っていくよ」というオスカルに「いい、いい!あとは若い人で楽しみなさい!」と逃げるようにクラブをあとにしたのでありました。

 

ああ、睡魔が恋の妨げになるとは思いもよらなんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十二回目。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。