大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十四回目。
2017年05月26日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十四回目。

西山繭子さんの人気連載コラム「それでも恋がしたいんだ!」。第五十四回目の今回は、”男性の強引さ”と”お尻”について、鑑賞した映画を通して、独自の視点からの考察をご紹介しています。
それでも恋がしたいんだ

 

今の私は「恋がしたい!」のピークです。

なぜならつい先ほど映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の試写会に行ってきたからです。

 

前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は欲求不満のおばさんのためのポルノなんて世間では酷評されていました。

未鑑賞だった私は、続編試写の前にゲオでレンタル。

対応してくれた若い店員の男の子を前に、あらやだ、欲求不満のおばさんと思われてたらどうしよう、てか、ほぼ正解だけど、などと考えていました。

 

こうして前作、今作と立て続けに見たわけですが、感想としては、もう最高!の一言です。

欲求不満のおばさんのためのポルノ?

それのどこが悪いんだ!

 

ジェイミー・ドーナン演じるクリスチャン・グレイは若い、ハンサム、大富豪と三拍子揃った上に、しかもドS!

ドMの私にしたら、もうこの上ない理想の男!

 

映画の中で何度も『支配者』という言葉が出てきます。

「君は僕のものだ」といった具合に。

 

生まれてこの方、女だけの家庭に育ち、今でも女一人で生きている私としては、男の支配下に置かれたいという願望があります。

こんなことを言うと時代遅れの反フェミニズムと言われそうですが、もうおばさんは疲れたのです。

自由でいることに疲れたのです。

 

「何が食べたい?」「どこに行きたい?」「何時がいい?」

えーん、えーん、もう全部決めてよー。

 

今の私が求めているものは優しさよりも強引さなのです。

まあもちろん好意のない男性に強引にされたら「は?」ってなるわけですけどね(おばさん、勝手!)。

 

続編の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は、前作よりも主人公二人の恋愛をフューチャーしているのですが、相変わらずばんばんセックスしてるんで私からすると前作よりエロい印象がありました。

そして相変わらず主人公二人のお尻が魅力的です。

 

ハリウッド映画を見ていると男女問わず、魅力的なお尻に「ヒュー!」となるシーンに遭遇します。アメリカ人のお尻に対するあの情熱をどうにかエネルギーに変えられたら、シェールガスよりも有効的に使えそうなのに。

 

そういえば最近、ドイツ女性が男に求めるのは年収よりもお尻なんて記事も読みました。

 

うーん、これまで男性のお尻を重要視したことはなかったけれど、もしかしたら次の恋のきっかけはそこにあるのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第五十四回目。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。