大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 彼ができない原因は「習慣」だった!「彼あり習慣」を身に着けよ...

彼ができない原因は「習慣」だった!「彼あり習慣」を身に着けよう/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第四十四回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回はなかなか彼ができない女性の原因と対策についてお伝えしています。
にらさわ

幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

可愛くて性格がいいのになかなか彼ができない女性っていますよね。

いえ、きっとみなさまのなかにもいるのではないかと思うのですよ。「ほしい」のにできない人たちが。

そこで、今回はなかなか彼ができない女性の原因と対策についてです。

彼がいないのが身に染みている

「トラウマがある」「家族に問題が」「自信がない」などなんらかの原因があるケースはもちろんその克服が前提ですが、実際のところ、それらの悩みを抱えていても恋人が作れる女性はいます。しかも恋活をしようとしている時点で、それらの問題はある程度、乗り越えていたり、乗り越えようとしている人は多いはず。

では、なぜ彼ができないのでしょうか?

ズバリ言うと、理由は「生活習慣」だと感じます。彼がいない人たちは、彼がいない生活が身に染みついてしまっていて、「いる」状態になろうとすることを「習慣」が拒んでいるのです。

彼氏づくりをつい避ける

たとえば飲み会に誘われても、できるだけ参加しないようにしていたり、彼氏探しより「ずいぶん先」の仕事の準備に時間を割いたり、合コンに誘われても何ケ月先までもスケジュールが埋まっているからと成立させられなかったり、連絡先を好感した人がいてもラインの一つも送らなかったり。

「いいえ、私は飲み会に誘われたら、参加するわ」という女性でも、たとえば友達が一人もいない会だったり、場所が遠かったり、時間が遅かったり、可愛くない服を着ている日だったり、乗り気がしないときだったらどうですか?「今回はパス」と思う人が増えるのではないでしょうか?

または、「参加することに価値がある」とばかりに女友達とばかり話していて、気が付いたら「男性と大して話さなかったけど、婚活はした」なんて思って満足したりしてはいませんか?

今を守る心理とは

「なんとなく乗り気がしない」「なんとなくレスをする気がしない」なんて声はとても多いのですが、理由の大本はその行動が「普段の習慣にないもの」だからでしょう。つまり、人は誰だって、なんだかんだいっても「今のスタイル」が好きなのですね。変えるのにはエネルギーがいるから。

だからいろんな理由をつけて「出会い」を避けようとするのですが、本当に恋がほしいのなら、暮らしの中から少しずつでもエネルギーを出していったほうがいい。

というより実は、大げさに思うほどのエネルギーなんていらないのです。

たとえば夜の5分間だけ男性とラインする時間を作るとか、女友達とのラインの一つを知り合った男性に変えてみるとか、返信が途絶えてしまった人に、「元気?」と連絡してみるとか…。

どれも些細なことですが、積み重ねれば「習慣」になります。そして生活の中に異性が入り込む習慣ができると、新しく知り合った人と「つきあう」習慣が身につくようになる。これは本当なのですね。

少しでいいので習慣にする

実例でお話ししましょう。

33歳のAさんは、「本気で彼を探しているの」と言って、4月早々に恋活アプリを始めたのですが、普段は時間がなくて彼氏探しができませんでした。「時間ができたら、真面目にする」と言っていたはずなのですが、先の連休は「まとまった時間ができたから、思い切って女友達と海外に行っちゃった。その分仕事がたまったから、連休明けはまた時間が作れない」と言いました。

一方Aさんと同時期にアプリを始めたBさんは、連休中に知らない人との連絡を毎日少しずつ取りはじめ、一月後には3人の男性と会って「楽しかった」と言ってました。

いえ、どちらがいいという話ではないのです。単純に優先順位の問題で、「今のまま」にするか、「今の少し何かを加えるか」の違いが未来を変えてゆくことにつながるのではないかということで、彼のいない「生活習慣」に慣れ続けていると彼がいない生活が続くだろうということです。

 

…今の暮らしになんとなく物足りなさを感じているのなら、思い切って新しい習慣をほんの少しでいいので、生活に取り入れてみませんか?

まとめ

・彼ができないのは単なる「習慣」。

・毎日ほんの少しの時間を「新しい習慣」に割くべし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • 彼ができない原因は「習慣」だった!「彼あり習慣」を身に着けよ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。