大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 唇以外の体も使ってみて「彼をとろけさせるキス」3選
2017年07月27日更新

唇以外の体も使ってみて「彼をとろけさせるキス」3選

好きな相手と愛情を伝え合うのに欠かせないのがキス。いつものキスとはちょっとやり方を変えて、彼をメロメロにとろけさせてみませんか?女性から仕掛ける、おすすめのキスの方法を3つご紹介します。

好きな人とは、時間を忘れるくらい楽しみたいのがキス。愛情を伝え合うのに欠かせないスキンシップですね。軽いものからディープに味わうキスまでありますが、ときには彼をメロメロにするやり方で迫ってみませんか?

女性から仕掛けるキスでおすすめの方法をご紹介します。

何度も唇をついばむキス

深く触れるのではなく、唇を軽くつんつんと合わせることを繰り返すキス。鳥同士が口をついばむように、何度も繰り返すと「もっとしっかりキスしたい」という欲を彼の中に生みます。

彼がその気になっても少し焦らすくらいのテンポで、主導権を握っておきましょう。彼の後頭部や首筋に手をあてて引き寄せておくのも興奮を煽りますよ。

唇をずらすキス

抱き合っているときなど、お互いの気持ちを高めたいときに試したいのが、深く唇を合わせてからそのまま喉元までずらすキス。濡れた唇の感触が肌に広がると、それだけでゾクゾクします。

喉や耳元など、普段唇で触れないところほど刺激が強いので、手を繋いで彼がこちらを触れないような状況を作ってゆっくり楽しみましょう。

瞼など唇以外からのキス

彼の頭を抱え込んだら、優しく瞼の上にキスをします。眉間や目の下など、デリケートな部分なのでそっと触れるくらいの力加減が良いですね。

鼻のてっぺんや頬など、ゆっくりと唇を這わせて最後に唇に到着するキスは、彼に愛されている実感を強く与えるのでおすすめです。

「好き」など愛のこもった言葉をつぶやきながらだとより愛おしさが増します。

 

 

ほかにも、飲み物を口移しで飲ませるなどもありますが、ポイントは唇以外の体も使うこと。彼の顔に触れておく、手を繋いでおくなど、体を密着させたキスは興奮度が上がります。

逆に、唇だけを触れ合わせるキスももどかしさを感じさせるやり方。女性からキスをするときは、男性が「もっとしたい」と思うような繊細さや、普段とのギャップを思わせるような大胆な力強さが好まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

37歳で出産、1児のママとして奮闘中の恋愛コラムライター。恋愛相談家として男性心理なども勉強中です。「自分の幸せは自分で決める」がモットー。器用な恋なんて要らない、芯から愛情を楽しめる自分でありたい。趣味はジム通いとカラオケ、まだまだ恋バナ大好き!

  • Grapps
  • 恋愛
  • 唇以外の体も使ってみて「彼をとろけさせるキス」3選

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。