大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第六十三回目。
2017年09月29日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第六十三回目。

西山繭子さんの人気連載コラム「それでも恋がしたいんだ!」。第六十三回目の今回は、朝食と睡眠を優先する男性について、ご自身の経験に基づき独自の視点からの考察をご紹介しています。
それでも恋がしたいんだ

 

この原稿を書いている今、時計の針は5時半をさしています。

開けたばかりの窓からは、すっかり秋めいた涼しい朝の空気が流れこんできます。パソコンの傍らに置いた淹れたてのコーヒーからは良い香りが漂い、AFNにチャンネルを合わせたラジオからは来月コンサートに行くエド・シーランの歌声が。

 

ああ、なんて完璧な朝なのだろう!

 

実はこの5時起き、私にとっては通常運転。

みんなに早起きで偉いねと褒められますが、ばばあだから目が覚めちゃう説の方が有力です。だって目覚ましはNHKラジオ英会話に合わせて6時半にセットしているのに毎朝5時に目覚めちゃうんだもん。

 

まあでもこれは昔からで、とにかく朝型人間な私です。

なのでもちろん、朝ごはんも大好きです。翌日の朝ごはんが楽しみすぎてワクワクして眠れないという異常事態に陥ることがあるほどです。

 

朝ごはんって一日のはじまりの原動力というのはもちろんのこと、三食の中でも特別な食事だと私は思います。昼食、夕食は誰とでも食べられるけど朝食って物理的にも特別な関係性だからこそ一緒にとれるものだと思うんです。

家族とか恋人とか。

 

朝ごはん好きの私としては、恋人と夜景が見えるシャレオツバーでシャンパンを飲むよりも、溶けたバターがしみこんだ食パンをかじっている方が100万倍幸せなのです。

もうそんな幸せ、何年味わっていないだろう……。

 

これは私が何年もまともな恋愛をしていないことも原因ですが、何よりも朝ごはんを食べない男が多すぎる!

 

先日も私が友人女性と朝食の素晴らしさについて語っていたところ、そこに居合わせた独身男が「もう朝食なんて何年も食べてないなあ」と言いました。

私が「食べなよ!幸せになれるよ!」と言うと、おめえ朝食食べてるわりには幸せそうじゃないけどなという目で私を見つつ「朝食よりも睡眠をとる」と言うのです。

 

もう、これまたやっぱり!なんで男の人って寝てばかりなの!?

 

これまでも男の人に「もう少し寝てて」と諭されること数知れず。

最初のうちは、抱きしめつつ髪の毛なんて撫でながら「もう少し一緒に寝てようよ」と優しく寝かしつけようとしてくれるのですが、そのうちみんな私の早起きばあさんぶりに嫌気がさして「いい加減にして」と怒りだし、しまいには家に泊めてくれなくなります。

なぜ?早起きって良いことのはずなのに……。

 

こんな私に、友人たちは声を揃えて「もう繭子はおじいちゃんと付き合うしかないってことだよね」と言いました。

 

ちなみに今日の朝ごはんは、大好きな『ル・グルニエ・ア・パン』のバゲッドにエシレバター、そしてチーズオムレツでございます。

おじいちゃんの好みではないかもしれませんので、やはりここはまだ若い男子狙いで頑張りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第六十三回目。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。