大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 追いかける恋を卒業する秘訣は?/オトナ女子のための『実践的☆...
2017年10月04日更新

追いかける恋を卒業する秘訣は?/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第五十九回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回は、幸せになりづらい 「追いかける」恋愛スタイルから卒業するコツについてお伝えします。
にらさわ

 

幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

「恋がなかなかうまくいかない」人たちに話を聞いていると、「手に入らないから好き」という感情に支配されている場合が多い気がします。「もともとはそんなに好きではなかったんだけど、追いかけられたから気になり始めた」とか、「嫌われてきたから興味を持った」など。しかし、そんな恋愛スタイルでは、幸せになりづらいのも事実。そこで今回は、「追いかける」スタイルを卒業するコツについてです。

 

頑張り屋さんは追いかける

そもそも、向上心のある頑張り屋さんには、追いかけるスタイルの恋愛をする人が多いです。わが研究所に相談にいらっしゃる方の中でも、高学歴やキャリアUPを目指している人に、片思いの人が多いです。しかも話を聞いていると、必ずしも最初から「いい」と思ったわけでないというケースがとても多いです。

つまり男性から「好き」と言われて、その気になったところで、去られるから「なぜ?」と気になり始めるのですが、努力が好きな女性ほど「なんか失敗した?」と自分を反省し、「直したい」と思うからはまってゆくのです。

手に入りそうなものが入らないから

それに、恋を盛り上げる秘訣は、「手に入りそうで入らない状態を作ること」とよく言われますから、このように、最初は「手に入りそう」と思えたものが「手に入らない」と思った時点で心が奪われてしまうのは、仕方のないことではあるのです。というのも、相手がいくら素敵でも、自分に一ミリも興味を示してくれなかったら、普通はあきらめる…というよりも気にも止まらないものなのです。「そういや、イケメンがいたな」と簡単に終えて、ひっかかりさえしないのです。

つまり、諦められないほど心に火が付くのは「向こうにその気があった」、つまりは、「気が合った」と思えたからで、そんな相手をみすみす「自分の失策によって」失ったと思ってしまうから、「取り戻したくなる」のです。特に「努力好き」な頑張り屋さんほど、頑張りゴコロに火がつけられるので、片思いに陥りやすいです。

恋は頑張るものではない

しかし、恋ってそもそもあまり頑張るものでもないですし、努力で結果が出るものでもない。それは皆さんもわかっていますよね。「こんなに頑張ったのに好きになってくれないなんてひどい」とはさすがに誰も思わないはずです。なので、努力好きな人ほど、努力を使う方向を意識しなければなりません。つまり「片思い相手を振り向かせる」方向に力を注ぐのではなくて、「両想いになる方向」にシフトチェンジするのです。

候補を複数持つのがオススメ

そのために一番オススメしたいのが、「彼氏候補を複数作る」こと。対象を一人に絞るとどうしてもその一人に執着し、追いかけるスタイルになりやすい。だから恋人候補を3~4人作り、力を分散させるのです。とはいえ、努力は必要です。というのも、候補を3~4人作るといっても「好きでない人」を入れては意味がないからです。

「わあ、付き合いたい」と思えるほどに素敵な異性を3~4人、常に身近に作るってかなり大変です。簡単にできるものではありません。けれど、一人の「自分を振り向いてくれない男性」を追いかけるパワーがあるなら、そのパワーは絶対に、「ほかの素敵な人との関係づくり」に費やしたほうがいいのです。

俳優を思い浮かべて頑張るべし

「そんなに素敵な人なんて世の中に早々いるはずがない」「私は一人しか好きになれない」という人は、イケている俳優を思い浮かべてみてください。例えば、竹内涼真とか星野源とか、福士蒼汰とか佐藤健とか、この全員と付き合えるとしたら、好み云々は置いておいたとしてもちょっと悩んでしまいませんか?

わかりやすくするために俳優の例を出しましたが、身近な世界にだってイケている男性は星の数ほどいます。だから、そのイケている人たちと交流できるように努力していきましょう。恋を成功させるための努力とは、一人の人に執着し、追いかけることではありません。大勢のイケている男性と交流し、関係をキープすることなのです。

まとめ

・追いかける努力よりも「イケている」交流男性の人数を増やそう。

・「イケメンズ」と常に交流すべし。

 

written by にらさわ あきこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • 追いかける恋を卒業する秘訣は?/オトナ女子のための『実践的☆...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。