大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 成功例と失敗例から学ぶネット婚活の極意
2017年10月04日更新

成功例と失敗例から学ぶネット婚活の極意

今や家にいながらも気軽にネットで出会いを探せる時代。出会い系という言葉もだいぶオープンになりました。身近な人にバレることなく安心して利用できるサービスも充実してきました。ネット婚活で気をつけるべきポイントをチェックして、新しい出会いを探してみましょう。


今や家にいながらも気軽にネットで出会いを探せる時代。出会い系という言葉もだいぶオープンになりました。Facebookを通し友達とはつながらないように配慮するなど、身近な人にバレることなく安心して利用できるサービスも充実してきました。ネット婚活で気をつけるべき項目をチェックして、新しい出会いを探してみましょう。

1.控えめなプロフィール画像はやめよう

ネット婚活では、顔写真がすべてを決めると言っても過言ではありません。そのくらい大事なプロフィール写真。身バレが怖い、自分に自信がないなどの理由で、小さく映っている画像、顔の一部を隠した画像などにするのはNG。本人の印象がわからないため相手からのアプローチ率はガクッと下がってしまいます。
また、写真一枚で人柄がわかるようなものは好感をもたれやすいと言われています。例えばアウトドアをしているときの写真をアップしていれば、顔だけでなく、「アウトドアが好きなんだな」という情報も相手に伝わりますよね。顔だけよりも+アルファの情報があることによってアプローチ率もぐっと上ります。

2.自己紹介欄は具体的に

自分の自己紹介、プロフィール欄は、あなたとまだ連絡を取っていない人も見ることができる場所。すなわち、自己紹介の情報で、この人と話してみたい、会ってみたいと思わせれば、出会いのチャンスが広がります。
なので、一言だけの挨拶文は絶対NGです!これでは相手にあなたの人間性が伝わりませんし、興味をもってもらいにくいです。好きなものや趣味、休日は〇〇をして過ごしています、といった具体的な情報を多く書くことで、あなたと同じ趣味を持った人が興味をもってくれます。しかし、真剣な出会いを求めているからといって、「〇〇な人はお断り!」など、否定するような文章が入っていると不快感をもたれてしまうことがありますので、注意してください。

3.マッチしたらメッセージを送ろう

好みの相手と見事マッチした場合は、どんどん自分からメッセージを送ってください。マッチしたあとにメッセージのやりとりをしないことにはいつまでたっても先に進めません。

最初はマッチしたら相手を一人にしぼらず、自分がちょっとでも好感を持てる人ならとりあえずメッセージを送ってみましょう。ネットでの婚活は、一対一ではなく、相手も複数人恋人候補がいると考えてください。色々な人とメッセージを続けていく中で、徐々に相性がよさそうな人だけに絞っていきましょう。

 

Written by kahumoi

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

グラフィックデザイナー、編集者として会社勤めを経験したのち、セラピストへ転職。現在は、ライター&イラストレーター兼セラピストとして活動するアラサー女です。恋愛のこと、身体のこと、アロマやハーブのことなど、お役立ち情報を発信していきます。ブログ:http://1daykahuu.com/

  • Grapps
  • 恋愛
  • 成功例と失敗例から学ぶネット婚活の極意

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。