大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • NOと言わせないデートの誘い方「ダブルバインド」というテクニ...
2017年10月25日更新

NOと言わせないデートの誘い方「ダブルバインド」というテクニック

好きな人とデートしたい場合、誘ってみて断られたら、やっぱり傷ついてしまうもの。そこで今回は、相手にNOと言わせないデートの誘い方「ダブルバインド」というテクニックをご紹介します。

好きな人とデートしたい!でも待っているだけではなかなか恋は先に進みません。ときには自分からお誘いすることも必要ですが、誘ってみて断られたら傷ついちゃいますよね。そこで今回は、相手にNOと言わせないデートの誘い方「ダブルバインド」というテクニックをご紹介します。

ダブルバインドとは……

ダブルバインド(二重拘束)、とは相手にNOと言わせないための心理的な手法のこと。有名なカップスープのコマーシャルで、「スープにパンを合わせるときは、スープにパンを付けて食べる“つけパン”、パンを浸して食べる“ひたパン”、あなたはどっち!?」というものがありました。

こう問いかけられると思わず「う~ん、つけて食べるかなぁー」などと考えてしまいませんか?「どっちで食べるか」と考えているということは、つまり“食べることは前提”になっている、ということ。「スープを食べない」という選択肢ははじめから排除され、どっちみち食べるように“二重に拘束”されている、というわけ。

デートすることを前提に質問してみる

「今度、デートしない?」このお誘いは、質問の答えに“デートしない=NO”、という選択肢も含んでしまっていますね。

ですから、質問を以下のように変えてみましょう。「外出するなら、土曜日と日曜日とどっちのほうがいい?」「遊びに行く場所なら、遊園地と水族館どっちのほうが好み?」「食事に行くなら、イタリアンとフレンチ、どっちを食べたい気分?」こう質問されると、相手は無意識のうちに、土曜日or日曜日、遊園地or水族館、イタリアンorフレンチ……と、与えられた選択肢の中から選ぶ可能性が高くなります。

向こうから「土曜日のほうが都合つきやすいかな?」と言ってもらえればしめたもの。行き先なども同じように質問することでデートの約束までこぎつけられるでしょう。

質問前のリサーチは入念に

ダブルバインドは選択肢を排除することで相手を心理的に断りにくい状況に追い込むテクニック。そのため、もしも断るというときには、単純なYES・NOの回答よりも心理的な負荷がかかってしまいます。

いざデートができたとしても、相手から「本当は断りたかったけれど、強引に約束されてしまった……」と思われていたら嫌ですよね。ですから、お誘いをする前には必ずリサーチを。

例えば動物好きの彼を誘うなら水族館は外して「猫カフェ」か「動物園」の二択にするなど、相手の好みにあった選択肢を用意しましょう。あるいはいきなり長時間のデートではなく「軽く食事か、お茶でもどう?」など相手が「そのくらいならまぁいいか」と思えるようなハードルの低い選択肢を用意しておくと成功率が高まります。

適切な選択肢を用意することで、男性はどちらかを選ばされているにも関わらず、“自分からあなたとデートすることを選んだ”と思うようになります。

これを積み重ねることで、相手はあなたを「自分が選んだかけがえのない関係性の人」と錯覚するようになるのです。

恋愛に発展すると良いですね♪

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

恋する女性は誰もが気になる男性心理から人には聞きづらいセックスに関する話題まで。女性に素敵な恋愛をしてもらうための記事を提供します。loverecipe:https://love-mag.jp/

  • Grapps
  • 恋愛
  • NOと言わせないデートの誘い方「ダブルバインド」というテクニ...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。