大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • その日は先約が!また誘いたくなるデートの断り方3つ
2017年11月13日更新

その日は先約が!また誘いたくなるデートの断り方3つ

気になる人からせっかくデートに誘われたけどその日は予定が。泣く泣く断るにしても、伝え方ひとつで印象は大きく変わります。また誘いたいと思わせるテクニックをご紹介します。

気になる人からせっかくデートに誘われたけど、

その日は仕事が!楽しみにしてたライブが!前から計画してたプチ旅行が!…

泣く泣く断るにしても、伝え方ひとつで印象は大きく変わります。また誘いたいと思わせるテクニックをご紹介します。

断る理由は詳しく伝える

「ちょっと用事があって……」と言われたら、「一緒に行きたくないのかな」と思われてしまうかも。

断れない先約があることを、しっかりと伝えましょう。

「来週の会議に向けて抜けられない仕事があるんだ。」「1泊2日で大学の友達と旅行にいくんだ」というくらいでOK。

旅行なら「お土産買ってくるね」と添えることで、別の日にまた会いたいことも伝わります。

日程の調整を試したことを伝える

日程をずらすことは無理でも、検討したことは伝えましょう。

実際に行動には移せなくてもいいんです。たとえば仕事なら、「予定を確認してみたんだけど……」だけでも、印象はだいぶ変わります。

代替案を具体的に提案する

断るときには、必ず代替案を出しましょう。

「また今度」「次の機会に」ではなく、「次の土曜日はどう?」と具体的に提案するのがポイントです。

今度はこちらから誘うくらいの気持ちで、しっかりと約束をとりつけましょう。

まとめ

恋愛では、ピンチをチャンスに変えましょう。

もちろん誘ってくれたことに対するお礼も忘れずに。

誘われた時点で、デートは始まっています。当日を楽しみにしていることも伝え、気分を盛り上げておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆
Grapps公式FacebookページGrapps公式Twitter

  • Grapps
  • 恋愛
  • その日は先約が!また誘いたくなるデートの断り方3つ

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。