大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 追う恋愛から追われる恋愛に!立場を逆転させる恋愛テクニック

追う恋愛から追われる恋愛に!立場を逆転させる恋愛テクニック

最初は必死に自分を追いかけてくれた彼氏が、しばらくすると胡座をかいて何もしなくなる…。そうなると不安になり、余計に彼氏を追いかけ関係が悪くなってしまう事ってありますね。恋愛はバランスがとても大切。どちらか一方が追う恋は心のバランスも悪くなりケンカも増えてしまいます。追う恋愛から追われる恋愛に立場を逆転させるテクニックについて教えます。

最初は必死に自分を追いかけてくれた彼氏が、しばらくすると胡座をかいて何もしなくなる…。
そうなると不安になり、余計に彼氏を追いかけ関係が悪くなってしまう事ってありますね。
恋愛はバランスがとても大切。どちらか一方が追う恋は心のバランスも悪くなりケンカも増えてしまいます。
彼氏からもう一度最初のように追いかけてもらいたい女性に向けて、追う恋愛から追われる恋愛に立場を逆転させるテクニックについて教えます。

彼の言葉や行動に振り回されない自分になる

関係が安定してくると、男性も自分の本質を出してくる事がよくあります。
連絡をよくしてくれた人も、それはあなたを落としたいために必死で頑張っていた姿であって本来は「連絡なんて3日に1回でいいじゃん」と思っている人だったのかもしれません。

悪い意味で言えば慣れですが、良い意味で捉えればあなたに本来の自分を見せてくれている、甘えていると考える事も出来ます。
一見釣った魚に餌をやらないような態度に見える彼の行動も、冷静に見てみると「こんなものか」と感じる事もできるようになるはずです。
彼の言葉や言動に振り回されているうちは、恋愛は疲れ自分が追う立場になってしまいます。
自分の思い通りにならない時や、愛情が足りないなと思ったときは「そうか」と一言言って、しばらく無視するのが一番!考え方を変えるのが一番手っ取り早い方法です。

生活スタイルをちょっと変えてみる

お付き合いをしていると、だんだん彼氏の生活スタイルが見えてきます。何時に出勤、何時に帰ってくるなどが想像できるはず。これは彼氏も同じなんです。だから安心してしまうんですよね!
「あっ今頃は家に帰ってテレビを見ている時間だろうな」なんて想像が付くと大丈夫だろうなと胡坐をかくワケです。そんな彼氏に不安感を与えるためには、生活スタイルに変化を付けてみるのが必要。
今までメールをやり取りしていた時間にわざと連絡をしないとか、そろそろ電話がかかってくるというタイミングで電話に出ないなどの工夫をしてみましょう。 そういう変化を自分で作れない人は、ジムに通ったり、習い事を始めたりしてみるといいですよ!スマホをいじれない時間を作りそれを彼氏に内緒にしておきます。
彼はいつも連絡が来ていた時間に来ない、連絡が付いていた時間に付かないとなるとだんだん不安になりあなたを追い始めます。

あなたのモノじゃないという所を見せる

安心しきっている男性は「この女は俺以外誰も見ない」と勝手に思い込んでいます。自信過剰になっている人も結構多いんですよね。それを根本から覆す事ができるのは、他の男性の存在です。
話の端々で少しだけ違う男性の名前をチラ出しするのも良い方法。あまりやりすぎると機嫌が悪くなったり、プライドが傷ついて「じゃあそっち行けよ」なんて怒り出す人もいるので、あくまでもチラ出し程度。
「会社で○○さんっていう男性が居てね。パソコンが得意なの」とかその程度のやんわり出しが丁度良いです。
間違っても「二人で飲みに行った」とか「○○君ってイケメン」なんて言葉は出さないように。間接的に第三者の男性を褒めるようなやり方がベストです。

 

女性は、愛されている実感があって初めて恋愛を楽しいと思うはず。
自分ばかりがいつも何かをしてあげている状態から卒業するために。
今回お教えしたテクニックを使ってみてください。
彼氏ともう一度ラブラブになれるように努力はいつも怠らないでいたいですね!

 

written by 亀ぱんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。

  • Grapps
  • 恋愛
  • 追う恋愛から追われる恋愛に!立場を逆転させる恋愛テクニック

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。