大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 大人の恋に必要な努力とは?/オトナ女子のための『実践的☆出会...
2017年11月22日更新

大人の恋に必要な努力とは?/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第六十五回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回は、大人の恋に必要な努力についてお話してくれます。

幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。気になる人ができると「彼は私をどう思ってるんだろう?」と考えたり、「彼が私を好きなら、私も好きになろう」なんてふうに考えたりしますよね。だけど、今どきは男性も同じように考えているから、なかなか恋は進まない。

では、恋をしたい女性はなにをしていけばいいのでしょうか。

失わないと得られない

よく「何かを得るためには、何かを手放す覚悟が必要」と言いますが、恋愛にもそれは当てはまります。

もちろん、安全地帯にいて「恋が降ってくる」「男性がやってくる」「苦労なく誘われる」は理想形ですし、男性が先に「好き好き」と言ってくれたらこんなラクはありません。けれど、「好き好き」言ってくれる男性をなかなか女性は好きになれないのも、事実。
それに、そもそも「好き好き」と言ってくれる男性が身近にいること自体が、そもそもあまりありません。

実は、大人の恋では、女性が安全地帯にいて待っているように、男性も危険には挑戦しません。

「だけど、男性は好きな女性には自ら行動するものでしょう?」というのは、確かに事実なのですが、「好きな女性」という存在になるまでの努力が必要なのですね。

つまり、女性は男性に「努力してもらえるほど好まれる女性」になるために、先に行動をしなくちゃなのですよ。

「女性が動く」から、「男性の心が動き」、そして「男性がアプローチする」という順番です。なので、不必要な「自意識」やプライドは、今ここで捨ててしまいましょう。

まずは「好かれる女性」になる

具体的な話です。まずは気になる男性に出会ったら、自分から絡んでいって、「この子、俺のことを好きなのかな?」と思われる行動を取りましょう。

これはもてる女性なら、意識せずにしていることですが、「男性と会ったら、ニコッと笑う」「~~してね、と気軽にお願いをする」「気さくにラインをする」「酔ったらべたべたする」…などを意識的に行いましょう。あなたが考えているほどに恥ずかしいことでないですから、もっと心を開放して男性に接するようにしましょう。

ただし、注意点が一つ。相手に好まれようとして、自分を押し殺す必要はありません。

女性は男性に好まれたいと思うと、「彼好み」を演出したくなります。たとえば、男性が「こういう話が好き」と言ったら、「私も」と合わせたくなりますし、「家庭的な女性が好き」と言われたら、家庭的ぶりたくなる…。

けれど、本来の自分を変えてまで合わせる必要はありません。女性同士だと、「共感」の態度を取りながら「親しさ」を表現しますが、男性に「違う」と言っても、彼らはそれで「気が合わない」とは思わないので、合わせ過ぎる必要はありません。

自分を押し殺してはダメ

より丁寧に言いますと、男性の言うことを「絶対」にしてはいけません。

「それ」を自分もいいなと思うならば、行っていいのですが、自分を殺してまで合わせると、どんどん辛くなってゆくからです。

たとえば気になる男性が、「うんうんと話を聞いてくれる子が好き」と言ったからと言って、あなたがそういうタイプでなかったら、彼の話に必ずしも「うんうん」と聞く必要はありません。

「そういう子はいいよね」と賛同するまではいいけれど、「自分の意見を言いたい」と思ったら、そのときはちゃんと言えばいい。「でも、それだと好かれないのでは?」と思うかもしれませんが、自分を殺してまで好かれようとする必要なんてないのです。

第一、我慢や無理をしても、好かれないときは結局、好かれないわけで、となると、あなたは「自分を押し殺した」上に、「彼に好かれない」というダメージを負うので、ダメージはダブルになる…。

自分を大切にしながら歩み寄る

たとえば、彼に好まれようとして、「ラインをしすぎちゃダメかなあ」とか、「こういう話題は嫌われるかなあ」と思うのはナンセンスなのですね。

あなたはあなたらしさを出しながら、彼と歩みよればいいのです。だから、男性に好かれるために行動を取ろうとしたときに、その行動に迷いが生じたら(たとえばラインをするかどうかに迷いが生じたりなどしたら)、自分が「辛い」と感じるかどうかを判断の基準にしてください。

「したいけど、嫌われたくないから、しない」という状況が多発して、辛いと思うほどになるくらいなら、さくっとラインをすればいい。

恋を得るために努力は必要ですが、我慢は必要ないのです。

最優先に大切にするべきはあなた自身なのですね。だからこそ、「彼に気に入られること」よりも「自分を殺す」を上位においてはいけません。

「自分を大切にしながら、男性と歩み寄る」という姿勢が大人の恋の秘訣です。

繰り返しますと、迷ったら「自分が辛いかどうか」「楽しいと思えているかどうか」を基準にして進めていく。それが、大人の恋を成就させるコツだと心にとめておきましょう。

まとめ

→●恋の努力と我慢は別物

●自分も相手も生かすのが大人。

 

Written by にらさわ あきこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。
未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。

  • Grapps
  • 恋愛
  • 大人の恋に必要な努力とは?/オトナ女子のための『実践的☆出会...

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。