大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 理解しておくと恋愛上手になれる!?男性脳と女性脳
2017年12月04日更新

理解しておくと恋愛上手になれる!?男性脳と女性脳

男性と女性の脳の仕組みは全く違うもの。男性脳を理解していると、いちいち男性の言葉や態度に一喜一憂して振り回される…なんて事もなくなり、ちょっとした言葉の1つや、ふとした態度にも敏感に察知し、上手に対処することができるようになります。男性脳と女性脳の違いを理解しておくと恋愛上手になれますよ。

 付き合っても長続きしない、運命の相手と出会えない…。幸せそうなカップルや結婚まで至るカップルと私は何が違うの?
そう思い悩んでいろいろ調べてみたり、先輩から助言をいただいたりと解決策を模索していらっしゃる方、あなたは男性の本質をどこまで見抜けているでしょうか?
またそれは男性も同じ。女性のことをどこまで理解し、受け入れる度量があるのでしょう?
そもそも男性と女性の脳の仕組みは全く違うもの。そこを理解しておくだけで、ちょっとした言葉の1つや、ふとした態度にも敏感に察知し、対処することができるようになります。

女性は共感で脳を切り替える

女性は子供を十月十日宿し、出産を経験します。母性本能は出産経験がなくても、女性には子供や自分の身を守る思考が備わっています。まだ言葉が喋れない赤子を観察し、今どうするべきか、何が必要かを察知する能力が非常に高いです。
察知能力が高いということは、同じ失敗を2度起こさないようにと情動を長く残して、意識をその記憶に集中させることによって自分や相手の身を守るのです。感情的なものではなく、知的行為の一環。女性脳は察することが愛情のバロメーターでもあるのです。気持ちを理解し、相手のために行動を移せる「共感型プロセス」の脳が女性脳と言えるでしょう。相手の世間話や相談の中で共感し、理解しようとするのは気持ちがいいものであり、共感することによって他人の体験談が自分の知識として備わります。

男性は察しない思考

女性が脳をフル回転させるのに対し、男性脳は右、左の脳が女性のように頻繁に連携をしないのが特徴。
周囲の反応や自分の体調の変化にも鈍感でゆるい節があります。女性はプロセスを大事にし、合理的で謙虚なのに比べ、男性脳は問題点が見つかればプロセスは一気に飛ばしてしまいます。したがって、男性は問題解決のための女性との会話で、いきなり疑問点や弱点などをついてきます。要は察することが不得意なのです。察しないということは、共感も不得意で粗探しもしませんし、目の前の事に頓着もしません。
身近な人の思いを察していちいち行動を起こさないので、普遍な仕事を成し遂げられるのです。

彼氏との恋愛を長続きさせるには

ここまで述べてきた通り、男性と女性の脳の仕組みで決定的に違うのは「共感力」です。共感のなさが女性のモチベーションを下げ、うまくいかない恋愛に突き進んでしまいます。
例えば口喧嘩をして女性の機嫌が悪い時、男性はなぜ女性の機嫌が悪いのか問題点を導き出そうといきなり「どうしたの、なぜなの?」と直球で投げかけるかと思います。女性がなぜ機嫌が悪いのか、のプロセスは一気に飛ばして、解決のためにゴールを目指します。相手の気持ちを考えない、察しないが故の行動です。
ここで女性は自分の気持ちを読み取ってくれない、理解してくれない事にさらに不愉快になり、しまいには黙り込んでしまう事も。
男性に悪気はありませんが、お互いの意識の違いで心まですれ違っては、いずれ2人の関係は理解し合えないまま終わりを迎えてしまうでしょう。
そうならないためにも男性はまず、上記のような問題が起きた場合、「どうして、なぜ?」と危機回避や答えを導くのではなく「嫌な思いをさせてごめんね」と相手の気持ちに言及して謝る事。共感を得られると、女性は自然とその気持ちに応えます。

また女性は、必要以上に男性に共感を求めない事です。男性が危機回避を身につけるには、小脳を発達させるか、女性の機嫌を損わせない技を身につけるしか方法がないのです。
それを頭に置いておくだけで、「なんでわかってくれないの!」と激怒する回数も徐々に減ってくると思います。
理解してほしい、察してほしいを男性に投げかけても見返りはない、と割り切っておくと何事もクリアできる術が自然と身についてきます。

これから恋活を始めるにあたって

新たな恋を始めるとき、女性は100人、1000人、10000人からたった1人の運命の相手を選び出します。
しかし男性は間口が広いため、理想の相手像があったにしろ、柔軟に思考を変え、いろんな女性を見て、その時その時で運命の相手を切り替えられます。
これは男性脳が繁殖力、子孫を残そうとするアプローチの強い思考。もちろん浮気をしない男性もいますが、潜在意識の上では男性脳は常に新たな女性に意識を向けられる思考を持ち合わせているのです。
反対に女性は子供や家庭を守る防衛思考です。1人の男性を愛し抜く力を持っています。
お互い意識の上では目的が違っても、言葉や態度でコミュニケーションをとる事で簡単にその違いの溝を埋めていく事ができます。
価値観なんて違って当たり前。違うからこそ新たな発見や刺激の中で愛が育まれていきます。
理想の相手像として、同じ価値観の相手を求めがちですが、自分と全く同じ価値観の相手とは案外うまくいかないもの。
違った価値観を受け入れ、互いに溝を擦り合わせていく事が恋愛や結婚生活においての長続きする秘訣でもあるのです。

運命の恋は待たずに獲りにいく

女性の恋力脳の感度は20代半ばがピーク。10000人から1人を選び出す「異性のフェロモン」を感知し、運命の恋だと感じるのは25歳がピークと言われています。
すでに30代を迎えている女性は過去の恋を基準にしていると、いつまでたってもいい出会いや結婚なんてできませんし、運命の恋を待っていても歳を重ねていくばかり。気がつけば40代はもう目の前。
20代の女性と恋愛で張り合うことほど無謀なことはありません。30代の女性は、仕事や恋愛など幾度の酸いも甘いも経験をしてきたはず。ここは大人の余裕も見せつつ、情熱的に、自分から積極的にアプローチをかけていく事を恐れてはいけません!

アプローチの決め手は

男性の女性へのアプローチの決め手は「えこひいき」です。特別扱いをすることにより、女性の意識をこちらへ向かせる事ができるのです。これを女性側も男性にすることにより、意識をこちらへ向かせる事ができます。
よく飲み会の席で料理を取り分けてくれたり、空いたグラスに気づいてくれる女性がいたりしますよね。周囲の察知能力が高く、また女子力も高い証拠。常にアンテナを張り巡らせ自分をアピールできる女性。そんな女性に「気がつく子」だと惹かれる男性もいますが、多くの男性はそこまで女性の立ち振る舞いに敏感ではありません。
今まで述べてきた通り、男性は察知能力が低いのです。
ここでは、好意のある男性1本に絞って「えこひいきアプローチ」を実践していきましょう。特別扱いをすることにより、察知能力が低い男性の意識をこちらに向かせる事ができます。

また、質問力も大事。一方的に話すばかりでは相手も疲れてしまいますし、好意のない相手の話ほどつまらないものはありませんよね。質問力とは相手に興味があることを示す手段でもあります。「好きな女性アイドルは?」「最近泣いたのっていつ?」など、相手の気持ちを知りたがる質問を心がけるようにしましょう。
よく男性に、女性へアプローチをかけるなら「100回アタックして99回振られる覚悟で挑め」とアドバイスしてきました。
今の時代、女性にも同じ事が求められてきていると思います。肉食系女子という言葉があるように、今の時代待っていたって何も起こりません!

終わりに

男性脳を理解していると、いちいち男性の言葉や態度に一喜一憂して振り回される…なんて事もなくなるかと思います。
また、男性も女性を理解しようと努力している事を忘れてはなりません。察する事ができない分、男性は真っ正面から気持ちを読み取ろうと必死なのです。
その姿勢だけで十分、と思えるようになると、今以上により良い関係が築いていけるはずです。
男性脳と女性脳のはまるで違う、面白い思考。互いが自分にないものを補い合いながら理解を深めていってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆
Grapps公式FacebookページGrapps公式Twitter

  • Grapps
  • 恋愛
  • 理解しておくと恋愛上手になれる!?男性脳と女性脳

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。