大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 恋愛
  • 言われたらショック!男女別「異性として見られない」感情とは?

言われたらショック!男女別「異性として見られない」感情とは?

「異性として見られない」好意を持っている相手から、もしこの一言が発せられたとしたら…。そもそも何故、異性として意識できないのか、異性として見てもらうにはどうしたら良いのか、男女別に思考をご紹介していきます。

男女の付き合いには色々な形がありますが、その中には相手に対して「男として見ていない」「女として見ていない」など異性として意識していないと考えて付き合っている人も少なくありません。
相手が異性として見ている場合は相手にとってはショックな考え方ですが、そもそも「異性として見ていない」とはどのような感情から来る考え方なのでしょうか。
男女別にご紹介していきましょう。

男性の場合

男性が女性に対して「女として見られない」と感じる場合、そのほとんどが相手に対して「友人関係以上にはなれない」と感じています。
つまり友人として接するのであれば心地よい関係が築ける相手だと判断されてはいるものの、異性として恋愛対象にするには色気を感じない・女性らしさを感じられないなど、性欲を刺激されないと感じられているようです。
そのため、友人としての心地よさが優先されている場合や女性らしさを感じられない場合など、性欲に直結した感情で判断されているケースが多いとされています。

女性の場合

それに対して女性が男性に対して「男として見られない」と感じる場合は、単純に「恋愛対象として見られない」意識や感情が働いていると考えられます。
相手に対しては相談相手や友人として接するなどある程度の信頼関係は築けるものの、そもそもそれ以上を意識する考えや感情がないのです。
ほかにも女性は感情から考える傾向を持っているので、異性として見られないのは「一緒にいてドキドキしない」という考え方も影響している可能性があります。

まとめ

このように男女どちらも「異性として見られない」考え方としては、主に恋愛対象として意識していないところが影響しているようです。
恋愛対象として意識できるようになれば自然と異性として相手を見るようになるので、まずは自分の普段の過ごし方や接し方に問題がないかどうかを検討する必要があります。
そこから相手に異性として意識してもらえるようなアピールをすれば、徐々に感情や見られ方も変わってくる可能性があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆
Grapps公式FacebookページGrapps公式Twitter

  • Grapps
  • 恋愛
  • 言われたらショック!男女別「異性として見られない」感情とは?

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。