大人女子のためのWebメディア
検索

宋 美玄 悩める女性の処方箋「高齢出産のリスクについて」

「40歳以上でも妊娠できる」と思うかもしれませんが、妊娠できない人の方が圧倒的に多いということもまた事実なんです。年齢が高くなるにつれて、妊娠できる確率は確実に低くなります。たとえ妊娠できたとしても、卵子や精子が老化していると、流産の確率もダウン症をはじめとする染色異常帯の赤ちゃんが生まれてくる確率も高くなります。
宋-美玄先生の悩める女性の処方箋

仕事に恋愛に自分磨きにと忙しい毎日を過ごす女性たちには、抱える悩みがいっぱい。

特に20代後半〜30代前半にかけて、カラダの変化に戸惑う女性も多いです。肌あれ、生理痛、疲れやイライラ、冷え性、便秘、腰痛、むくみなど…

このコーナーでは、産婦人科医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に、女性の悩みについてお話をお聞きしました。 

 

晩婚化や女性の社会進出など、女性のライフスタイルの変化により高齢出産をする女性が増えています。現在、35歳以上の人が出産すると「高齢出産」と呼ばれます。

でも、芸能ニュースなどを見ていても、35歳どころが40歳以上になって産む人も珍しくないですよね。日本では年間およそ100万人の赤ちゃんが生まれていますが、そのうち約4人に1人の母は高齢出産なんですよ。

 

都内の大きな病院なんかに行くと、40歳以上の妊婦さんが10〜20%を占めているといいます。もはや高齢出産は日常的なことと言えそうですね。私自身も35歳で妊娠しその歳に出産したので、立派に高齢出産です!

 

こう聞くと「40歳以上でも妊娠できる」と思うかもしれませんが、妊娠できない人の方が圧倒的に多いということもまた事実なんです。年齢が高くなるにつれて、妊娠できる確率は確実に低くなります。たとえ妊娠できたとしても、卵子や精子が老化していると、流産の確率もダウン症をはじめとする染色異常帯の赤ちゃんが生まれてくる確率も高くなります。

ですが、流産をまぬがれた赤ちゃんのほとんどが正常です。

 

世間では「高齢出産=障害を持つ子どもが生まれやすい」という誤解を招く情報が流れていますが、実際には35歳で99.5%、40歳で約98%、43歳で95%の赤ちゃんが染色体は正常なんです。

ただ、全体で3〜4%の赤ちゃんは母体年齢に関係なく、何らかの障害を持って生まれています。

高齢出産で気になるのは、染色体異常よりも、むしろ妊娠できるかとうかと、高い流産率のほうではないでしょうか。

 

ちなみに、「1人目を産んでいれば、2人めは高齢出産でも大丈夫」と言う人がいますが、これも誤解です。確かに、分娩自体に関しては出産の経験のある妊婦の方がスムーズと言えますが、流産や染色体異常などのリスクに関しては1人目でも2人目でも変わりはないんですよ。

 

ただ、34歳までのお産と35歳からのお産が急に変わるわけではないし、私が実際にみてきた高齢出産の妊婦さんはおおむね無事に出産されています。

リスクが高いと聞くと、まるで半数以上の人が該当するように誤解する人がいますが、そんなことはありませんからね。

リスクを知っておくことは大切ですが、それにとらわれすぎないようにしましょう。

 

参考文献:宋 美玄「産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
産婦人科女医・性科学者。 1976年、兵庫県神戸市生まれ。2007年、川崎医科大学産婦人科講師に就任。2010年、イギリス・ロンドン大学病院に留学し胎児超音波を学ぶ。2010年から国内の病院にて産婦人科医として従事。2012年1月に第1子を出産 主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)、「女医が教える これでいいのだ! 妊娠・出産」(ポプラ社)、「女のカラダ、悩みの9割は眉唾」(講談社プラスアルファ新書) など。 産婦人科はもちろんセックスに関する診療カウンセリングを行う。 セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行なっている。■宋 美玄HP http://www.puerta-ds.com/son/

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。