大人女子のためのWebメディア
検索
2017年02月22日更新

おりものの異常の理由は?考えられる原因と間違ったケア

おりものがいつもと違うと心配になりますよね。異常な色のおりものには性病や不正出血の疑い、女性特有のがんなどの病気が隠れていることも。異常な色のおりものの理由と原因を知って体からのSOSを見逃さないようにしましょう。

おりもの異常

おりものがいつもと違うと心配になりますよね。異常な色のおりもの、例えば、白いおりものなら性器カンジダ症の疑いがあり、 赤色なら不正出血の疑いもがあり、女性特有のがんなどの病気が隠れていることも。異常な色のおりものを知って、体からのSOSを見逃さないようにしてください。

正常なおりもの

そもそもおりものとは、膣内や子宮で作られる分泌物や粘膜などが混ざったものです。 「下着を汚すもの…」なんてネガティブなイメージもありますが、おりものには、膣内に雑菌が入らないようにしてくれる重要な働きがあります。

おりものの色には個人差はありますが、通常は透明や白っぽい色をしています。下着などについて乾いてしまうと、クリーム色に変色します。

また、臭いに関しては、正常なおりものはちょっと甘酸っぱいような臭いがしますが、生理前になると臭いがきつくなることもあります。 この範囲の変化は、決して異常ではありません。

では、続いて異常なおりものについて解説します。

 

□ 白いおりもの

カッテージチーズのような白いおりものは、性器カンジダ症の疑いがあります。 おりものの変化以外にも、外陰部や膣にかゆみがあらわれることがあります。同時にこのような症状があらわれたら、 性器カンジダ症の可能性が高いので、婦人科を受診するようにしてください。

 

□ 黄色や緑のおりもの

黄色や緑のおりものは、クラミジアや淋病、膣トリコモナス症の疑いがあります。

クラミジアや淋病の場合、不正出血や下腹部の痛み、性交痛などがあらわれることがあります。 ただし、これらの自覚できる症状がまったく出ないケースも少なくありません。少しでも不安に思うことがあれば、検査を受けることをおすすめします。

膣トリコモナス症の場合、おりものから悪臭がしたり、外陰部や膣に強いかゆみや痛みがあらわれることがあります。 クラミジアや淋病は主に性行為によって感染しますが、膣トリコモナス症は下着やタオル、トイレ、お風呂で感染することもあります。

 

□ ピンク、赤、茶色のおりもの

ピンク、赤、茶色のおりものは、おりものに血が混じっている可能性があり、子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫、ポリープなどの疑いがあります。

月経直後なら心配ありませんが、上記のような病気が隠れている場合には、同時に悪臭を感じることがあります。

また、膣内にタンポンを取り忘れた場合や、セックスのときにコンドームが外れて膣に残っているときにも、おりものの色が茶色になったり、悪臭をともなうことがあります。

おりものの異常とからだの変化をあわせてチェック

おりものの異常の理由は?考えられる原因や間違ったケアを紹介 /images/10207_0.jpg
Masson

おりものは、生理のタイミングに合わせて色や形状を変えることもあります。また、生理の前や直後には、膣内に残っていた血液がおりものに混じるケースもあります。

「おりものの色、異常かな…」と感じたら、からだの様子もあわせてチェックしてみましょう。 発熱はないか、過度のストレスはないか、発疹はないか、デリケートゾーンに異変はないか。

いつもと違う不調と、おりものの異常な色とを重ね合わせて確認することで、性病などの病気を早期に発見することもできます。

間違ったケアをしない

おりものに異常がみられた場合、「股間を清潔にしなければいけない」と考えて洗いすぎるのは逆効果です。特に、膣内まで指を入れて洗うことは控えてください。

膣内には、「膣の自浄作用」というのがあり、常に弱酸性(pH4程度)に保つことで、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。 しかし、石鹸やボディソープで膣内まで洗ってしまうと、自浄作用が低下し、症状が悪化したり膣炎などを引き起こしたりする恐れがあります。 ウォシュレットの使いすぎも同様です。

デリケートゾーンや肛門周辺は石鹸を泡立てて、指先で丁寧にやさしく洗い、膣内や肛門内など、粘膜は洗わないようにしてください。

また、生理中は普段よりもデリケートな状態になっています。いつも以上に丁寧にやさしく洗うようにしてください。

まとめ

おりものが正常か異常かを自己判断するのが難しいケースもよくあります。間違ったケアや放置は、症状の悪化や病気の進行を招いてしまいます。 そのため、おりものに対してちょっとおかしいなと異常を感じた場合は、医師に相談するようにしてください。 おりものは健康のバロメーターとも呼ばれています。おりものからのSOSを見逃さないようにすることが大切です。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
女性ホルモンに関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。