大人女子のためのWebメディア
検索

何を調べる?いくらかかる?痛みは?子宮内膜症の検査について

子宮内膜を早期発見するには、重い生理痛や下腹部痛といった気になる症状があったら検査を受けることが大切です。ただし、子宮内膜症の検査内容を何も知らない状態では、敷居が高く感じてしまうかもしれません。今回は、子宮内膜症の検査内容と費用について紹介します。

https://rucora.com/images/10683.jpg

子宮内膜を早期発見するには、重い生理痛や下腹部痛といった気になる症状があったら検査を受けることが大切です。ただし、子宮内膜症の検査内容を何も知らない状態では、敷居が高く感じてしまうかもしれません。今回は、子宮内膜症の検査内容と費用について紹介します。

まずは問診

子宮内膜症の検査は、一般的に婦人科で受けます。婦人科に行って受付を済ませると、問診票を記入します。 いつから、どのような症状があるのか、初経の年齢、生理周期、妊娠・出産の既往歴などに答えます。 どの情報も子宮内膜症の重要な診断材料になります。 正しく答えるのはもちろん、できるだけ具合的に伝えるようにしてください。

 

□ 主な問診内容

いつごろからどこに症状があるのか

・月経痛

・性交痛

・排便時の痛み

・初経の年齢

・生理周期

・妊娠・出産の既往歴

・手術歴

事前にメモなどに整理しておくことをおすすめします。

つづいて内診

問診を終えると、内診を行い実際に膣の様子を診察します。 子宮内膜症は、子宮以外に内膜ができる病気のため、どの部分に内膜ができているのかを調べる必要があります。

具体的には、医師が手の指を膣の中に入れて、もう一方の手でお腹をおさえようにして、子宮や卵巣の状態を確認します。 実際に触れて確認することで、子宮全体が大きく腫れていないか、動きが悪くなっていないか、卵巣に腫れがないか、子宮や卵巣に痛みがないか、などをチェックします。

内診の状況によっては(病変の可能性がある、性交痛や排便痛がある)、直腸診も行います。 肛門から指を入れて、直腸にしこりなどがないかを確認します。

超音波・血液・MRI検査

子宮内膜症の検査では、超音波を使って、子宮や卵巣、卵管の様子などを詳細に調べます。

検査方法には、器械を膣の中に入れる経膣法や、器械をお腹に当てる経腹法がありますが、 よりはっきりとした画像が得られる経膣法を行うのが一般的です。

また、診察はこれだけではなく、腫瘍マーカーの数値を調べる血液検査(子宮内膜症になると増加する物質を測定する)や、 超音波エコーよりも詳しく見ることができるMRIを行うこともあります。MRIとは、磁気を使った断面図画像診断のことで、かなり詳細に子宮の状態を確認することができます。 ただし、あまりにも小さい腫瘍などは見ることはできないため、万能というわけではありません。

確定診断

これまで紹介した検査は、子宮内膜症かどうかを推定する検査です。 熟練した医師なら、問診、内診、超音波検査からだいたいの診断を行うことができますが、 病気を確定するには腹腔鏡検査を行う必要があります。

腹腔鏡検査は、全身麻酔を使いお腹に0.5~1cm程度の穴を開けて、腹腔鏡(内視鏡器具)を入れて行う 大がかりな検査のため、入院が必要になります。 直接体内を確認し、病巣が見つかった場合には、検査と同時に悪い部分を切除したり、 癒着をはがしたりする治療が行われることもあります。

検査を受けるタイミング

痛みなどの自覚症状があって検査を受ける場合は、緊急的な痛みでなければ次の月経が終わった後に検査を受けるようにしてください。

月経中では、血液検査で数値が高くなる傾向があり、診断に影響を及ぼしてしまうことがあるからです。 ただし、激しい痛みがある場合はこの限りではないので、我慢せずに婦人科に行くようにしてださい。

検査費用は3割負担

子宮内膜症の検査には、健康保険が適用されるため、実際の金額は全体の3割負担になります。 超音波検査では3000~5000円程度ですが、MRIも受ける場合は1万円以上かかる場合もあります。

費用が気になる場合は、あらかじめ診察する予定の病院に、検査の範囲と費用を確認しておくと安心です。

検査での痛み

検査内容や費用以外にも、「痛み」が気になる人も多いと思います。子宮内膜症の検査は痛いのでしょうか。

血液検査で腕に針を刺すときや、内診、経膣エコーを痛いと感じる人もいるようです。腹腔鏡検査は、麻酔を使うため痛みはありません。

ただし、痛みは個人差が大きく、まったく気にならない人もいれば、そうでない人もいます。 また、体に力が入りすぎていたりと、緊張していると痛みを強く感じることがあります。

いずれのケースでも、我慢できないほどの痛みを感じることはありませんが、 痛みが気になる場合には医師に素直に伝えてください。痛みを調整してくれるはずです。

まとめ

子宮内膜症の検査について理解は深まりましたか。月ごとに増していく月経痛や下腹部痛など、子宮内膜症の自覚症状があるなら、すぐにでも検査を受けるようにしてください。

また、子宮内膜症には自覚症状が出ないケースもあります。そのため、症状のあるなしに関わらずに、定期的に婦人科の健康診断を受けることもおすすめします。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。