大人女子のためのWebメディア
検索
2017年07月15日更新

指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは

手の指先に水ぶくれがあって強い痛みを感じるのなら、ヘルペスの影響かもしれません。ヘルペスの症状は、唇や性器にあらわれるイメージがありますが、ときには指先に出ることもあり「ヘルペス性ひょう疽(そ)」といいます。この記事では、ヘルペス性ひょう疽の原因、症状、治療法、予防法について解説します。

手の指先に水ぶくれがあって強い痛みを感じるのなら、ヘルペスの影響かもしれません。ヘルペスの症状は、唇や性器にあらわれるイメージがありますが、ときには指先に出ることもあり「ヘルペス性ひょう疽(そ)」といいます。この記事では、ヘルペス性ひょう疽の原因、症状、治療法、予防法について解説します。

1.指先にも発症するヘルペス

ヘルペスが発症するのは、唇や口の周り、性器周辺だけではありません。 ヘルペスの症状は、指先にあらわれることもあります。

唇や口の周りにできるヘルペスを「口唇ヘルペス」、性器にできるヘルペスを「性器ヘルペス」、 そして、この指先にできるヘルペスを、「ヘルペス性ひょう 」といいます。

指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは /images/10383_0.jpg
 

・ひょう疽とは

そもそも「ひょう疽」とは、手や足の指に細菌(黄色ブドウ球菌や大腸菌など)が感染して急性の炎症が起こる皮膚の病気のことを言います。 これがヘルペスウイルスによって引き起こされると、ヘルペス性ひょう疽となります。

2.発症の原因

指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは /images/10383_1.jpg

・口唇ヘルペスを指で触れる

ヘルペス性ひょう疽のいちばんの発症原因は、口唇ヘルペスを発症しているときに、患部の水ぶくれを手で触ってしまうことです。

口唇ヘルペスによる水ぶくれの中には、大量のヘルペスウイルスが存在します。 ウイルスは感染力が非常に強いため、水ぶくれに触れるだけでも感染のリスクは十分にあります。

 

・指に傷があると感染しやすくなる

指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは /images/10383_2.jpg

指先にささくれや切り傷などがあると、そこからウイルスが侵入しやすくなるため、感染のリスクはさらに高まります。

そのためヘルペス性ひょう疽は、水仕事が多く手が荒れやすい主婦や料理人、 指しゃぶりを頻繁にしている赤ちゃんや乳幼児などが、比較的発症しやすいと言われています。

 

3.症状はつらい痛み

ヘルペス性ひょう疽を発症すると、次のような症状があらわれることがあります。

・指先がズキズキと強く痛む

・指先が腫れる

・指先に水ぶくれがあらわれる

・リンパ節が腫れる

・発熱する

口唇ヘルペスでも痛みを感じますが、ヘルペス性ひょう疽の痛みはさらに強いと言われています。

4.ヘルペス性ひょう疽の治療

・治療では抗ウイルス薬を使用

指先にヘルペス性ひょう疽を疑う症状があらわれたら、皮膚科を受診するようにしてください。 通常のヘルペスと同じで自然に治ることもありますが、抗ウイルス薬を使った治療を受ければ、より短期間で治すことができます。

 

・治療は最後まで続ける

治療途中で症状が良くなった場合でも、ウイルスの再活性化を防ぐために、決められた用法・用量を守って治療を続けるようにしてください。

5.治療期間中の注意点

ヘルペス性ひょう疽の症状が出ているときは、患部(水ぶくれ)には大量のウイルスがいます。 そのため、自身の別の部位にウイルスを感染させないことが大切です。

 

・眼の感染に注意

指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは /images/10383_3.jpg

特に、症状が出ている指先で眼をこすらないでださい。 眼にウイルスが感染して、最悪失明することがあります。

 
・相手にうつさないことも大切
指先に水ぶくれ、強い痛みも…ヘルペス性ひょう疽とは /images/10383_4.jpg

皮膚に傷がある人や、アトピー性皮膚炎で皮膚のバリア機能が正常に働いていない人の場合、 ウイルスがうつりやすく、症状も重く出やすくなります。

症状が出ている指先で、相手に触れないように注意してください。

 

6.ヘルペス性ひょう疽の予防法

ヘルペス性ひょう疽を予防するには、唇や性器などヘルペスを発症している患部に触れないことが大切です。 うっかり指で触れてしまった場合には、すぐに手洗いをしてください。

 

・ヘルペスの再発も防ごう

ヘルペスに一度感染すると、症状が治まってもウイルスは体内に潜伏し続けて、免疫力が低下すると再発することがあります。 再発を防ぐためには、普段から疲れやストレスを溜めないようにして、免疫力を低下さないことが大切です。

7.最後に

ヘルペスの中には、指先に症状があらわれる「ヘルペス性ひょう疽」という病気があります。 発症すると、水ぶくれができて、痛みが強く出るのが特徴です。

疑わしい症状がある場合は、別の部位や相手への感染に注意して、すぐに皮膚科を受診するようにしてください。

 

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。
◇Rucora:http://rucora.com/
◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/
◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

女性ホルモンに関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。