大人女子のためのWebメディア
検索
2017年08月09日更新

女医宋美玄「予定日をちゃんと決めることって大事です」

セックス・妊娠・出産に関する医学的に正しい情報を学校や日常生活で学ぶ機会は意外と少ないです。性行為から妊娠、出産に至るまでの“知っているようで知らない”正しい知識を、悩める女性へ向けて産婦人科医であり性科学者である宋 美玄(そん みひょん)先生が優しく解説します。
宋-美玄先生の悩める女性の処方箋

セックス・妊娠・出産に関する医学的に正しい情報を学校や日常生活で学ぶ機会は意外と少ないです。性行為から妊娠、出産に至るまでの“知っているようで知らない”正しい知識を、悩める女性へ向けて産婦人科医であり性科学者である宋 美玄(そん みひょん)先生が優しく解説します。

予定日をちゃんと決めることって大事です

「もしかしたら妊娠しているかもしれないな」と思いながら、忙しかったり面倒くさかったりしてなかなか病院に行かない人がいます。そして、やっと産婦人科を受診したら赤ちゃんが結構大きくなっていたりすることもあります。

そうなると困ることが一つあります。出産予定日がちゃんと決められないのです。出産予定日とは妊娠40週0日のことで、実際に予定日に産まれる赤ちゃんは100人中4人ほどです。最終月経が始まった日を0週1日とするとされていますが、月経から排卵するまでの期間には個人差があるので、妊娠3ヶ月の間に超音波検査で修正します。

出産予定日と妊娠週数が不正確だと、その後の検診で赤ちゃんの発育をチェックしても、標準より大きめなのか小さめなのか判断が不正確になります。

また予定日を過ぎても産まれない場合に、本当に予定日を過ぎていると判断していいのかという問題になります。そうなると的確な管理を受けるのが難しくなることもあります。だから、だいたい妊娠3ヶ月で超音波検査を受けることは重要なのです。

 

参考文献:宋 美玄「学校では教えてくれないセックス・妊娠・出産の話 女医が教える 後悔しないために知っておきたい11の事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

産婦人科女医・性科学者。
1976年、兵庫県神戸市生まれ。2007年、川崎医科大学産婦人科講師に就任。2010年、イギリス・ロンドン大学病院に留学し胎児超音波を学ぶ。2010年から国内の病院にて産婦人科医として従事。2012年1月に第1子を出産
主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)、「女医が教える これでいいのだ! 妊娠・出産」(ポプラ社)、「女のカラダ、悩みの9割は眉唾」(講談社プラスアルファ新書) など。

産婦人科はもちろんセックスに関する診療カウンセリングを行う。
セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行なっている。■宋 美玄HP http://www.puerta-ds.com/son/

女性ホルモンに関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。