大人女子のためのWebメディア
検索
2017年10月14日更新

女性が淋病になると出てくる症状は?すぐに気づくことはできる?

女性が淋病にかかると、おりものの異常や下腹部痛が発生したりすることもありますが、ほとんどは何の症状もあらわれません。そのため、病気を進行させてしまうケースも珍しくありません。男性は症状が出やすいため、彼氏に淋病の疑いがある場合はあなたも要注意です。

女性が淋病にかかると、おりものの異常や下腹部痛が発生したりすることもありますが、ほとんどは何の症状もあらわれません。そのため、病気を進行させてしまうケースも珍しくありません。男性は症状が出やすいため、彼氏に淋病の疑いがある場合はあなたも要注意です。

女性は淋病に感染してもあまり症状が出ない

女性が淋病になった場合、淋病の原因となる淋菌が子宮頸管へと感染し、ここで炎症(子宮頸管炎)を起こします。 するとその影響によって次のような症状が出てきます。

 

・女性の淋病の主な症状

女性が淋病にかかった場合の主な症状は次のとおりです。

  • ・粘り気のあるおりものが出る
  • ・膿のようなおりものが出る
  • ・下腹部痛
  • ・不正出血

 

また淋病はバルトリン腺(女性の膣口の左右にある分泌腺)や直腸に感染することもあり、ここで炎症が起こった場合、患部に腫れや痛みが生じることがあります。 ただし、女性のほとんどは淋病に感染したとしても何の自覚症状もあらわれず、気づかないうちに病気を進行させてしまうケースも珍しくありません。

淋病が進行すると不妊症の原因に

自覚症状があらわれにくい淋病ですが、治療しないで放置していると感染が子宮内膜や骨盤内膜へと広がっていき、子宮内膜炎や骨盤内感染症を起こしてしまうことがあります。

そして骨盤内まで感染が拡大した場合、「卵管炎」「卵巣炎」「骨盤腹膜炎」などの深刻な症状を引き起こすリスクもあります。

そしてこれらの病気を発症すると、将来不妊症になったり、子宮外妊娠のリスクが高くなることがあるのです。

また、赤ちゃんが生まれる時に淋菌に感染(母子感染)し、新生児結膜炎を起こしてしまう可能性もあります。

つまり淋病を放置していると、自分自身だけではなく将来産まれてくる赤ちゃんにもダメージを与えてしてしまうことがあるというわけです。

男性は症状で気づきやすい

症状が出にくい女性に比べて、男性は淋病の初期症状が出やすい傾向にあります。

淋病は風俗を中心に感染が拡大している病気でもあります。男性が淋病にかかったときの症状を知っておくと、彼の性器に異変があった場合にすぐに気づくことができるかもしれません。

 

・男性の淋病の主な症状

男性が淋病にかかった場合の主な症状は次のとおりです。

  • ・尿道から膿が出る
  • ・排尿時に激しい痛みを感じる
  • ・尿道にかゆみや不快感が生じる
  • ・精巣上体が腫れる
  • ・激し痛みや発熱

 

彼にこれらの症状がみられる場合には、パートナーであるあなたも淋病に感染している可能性は十分にあり得るのです。

いかがでしたか。女性は淋病に感染しても無症状のケースがほとんどなので、症状から感染に気づくのは難しいことです。 しかし、感染していると体の中では病気が進行しています。 「性器に異変がないから」といって安心せずに、不安に思うことがあったり彼に症状がある場合は、必ず検査を受けるようにしてくださいね。

 

 出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。
◇Rucora:http://rucora.com/
◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/
◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

女性ホルモンに関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。